宇宙よりも遠い場所 第十三話「きっとまた旅に出る」

©YORIMOI PARTNERS
画像引用:第十三話「きっとまた旅に出る」より
出典:STORY|TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」公式サイト

アニメ「宇宙よりも遠い場所(よりもい)」評価・感想 | 夢に向かって突き進む姿に心打たれる

投稿日:2018年5月18日 更新日:

アニメ「宇宙よりも遠い場所」の感想・評価です。

結論から言って、これは久しぶりに大当たりアニメでした。

主要キャラクターにはそれぞれの悩みがあるが、そこを「南極」に合わせてしっかりと描かれています。

また、どんなに周りに否定されようが「南極」に行く強い意志。これが明確になっているからこそ、何度も心が打たれるシーンがあります。

「宇宙よりも遠い場所」基本情報

ジャンル青春・冒険
原作よりもい
監督いしづかあつこ
シリーズ構成花田十輝
制作会社マッドハウス
OP「The Girls Are Alright!」
歌:saya
ED「ここから、ここから」
歌:玉木マリ(水瀬いのり)、小淵沢報瀬(花澤香菜)
  三宅日向(井口裕香)、白石結月(早見沙織)
公式サイトTVアニメ「宇宙よりも遠い場所」公式サイト

ノーゲーム・ノーライフのメンバーが手掛けた、南極+女子高生+青春オリジナルアニメ。

制作には、文部科学省や海上自衛隊などが協力をしている大規模な作品です。なお聖地は「群馬県館林市」となります。

+ あらすじ(タップorクリック)

そこは、宇宙よりも遠い場所──。何かを始めたいと思いながら、中々一歩を踏み出すことのできないまま高校2年生になってしまった少女・玉木マリたまき・まりことキマリは、とあることをきっかけに南極を目指す少女・小淵沢報瀬こぶちざわ・しらせと出会う。 高校生が南極になんて行けるわけがないと言われても、絶対にあきらめようとしない報瀬の姿に心を動かされたキマリは、報瀬と共に南極を目指すことを誓うのだが……。

引用:STORY|TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」公式サイト

+ キャスト(タップorクリック)

キャラクター名キャスト
玉木 マリ水瀬いのり
小淵沢 報瀬花澤香菜
三宅 日向井口裕香
白石 結月早見沙織
藤堂 吟能登麻美子
前川 かなえ日笠陽子

「宇宙よりも遠い場所」評価・感想

宇宙よりも遠い場所 第十三話「きっとまた旅に出る」

©YORIMOI PARTNERS
第十三話「きっとまた旅に出る」より画像引用
出典:STORY|TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」公式サイトより

ノーゲーム・ノーライフのチームが手掛けたオリジナルアニメです。南極を目指す女子高生をテーマにした斬新な設定となっています。

”南極”というピンとこないため、「本当に面白いのか?」と思われるかもしれません。かくいう私も「はッ!なーにが南極よ」と、正直思っていました。

がしかし、普通におもしろい。友情を育みながら南極をめざす彼女たちが超絶かっこいいし、夢に向かって突き進む姿は心を打たれました。

では、よりもいの「ココがおもしろい!」と思える点を説明していきます。

否定されても南極への強い意志

本編では、南極に対して、偏見な目でみられ、「南極なんていけっこないじゃん」と否定的な空気が流れていました。

しかし、登場するキャラクターたちは、そんなことを気にせず「南極にいく」という夢を追っていきます。

そして、南極へ到着した第9話で名シーンが待っていました。否定してきた人たちに向かって、「ざまぁみろ」と…。

ネタバレはここまでにしますが、今何かに向かって頑張っている人にとっては勇気をもらえるシーンでした。

受験生や社会人のかたは、とりあえず第9話まで一気見してください!

友情

よりもいは、南極を通じて友情を作り上げたアニメと言えます。思春期にある不安や葛藤があるなかで、作られていく友情は目を見張るものがあります。

また、4人の女子高生は別々の想いや願いがあって、それがしっかりと叶っているんです。たとえば玉木マリは、何も出来ないでいた自分が嫌で変わりたいと思っていた、白石結月は親友が欲しいと願っていた、個々の想いがあったうえで作り上がっていく友情は考えられていました。

そのなかで、南極というワードがあって…本当によりもいって、考えれば考えるほど素晴らしい作品です。

ED曲「ここから、ここから」が完璧

「ここから」って物事を諦めさせないワードだと思うんです。たとえば、サッカーであれば1点取られたとしても「よし!ここからだ!巻き返すぞ」と繋げることができます。「ここから、諦めるぞ」とはなりませんよね?

よりもいのチャレンジしていくシナリオにあった曲名付けは天才的ですね。

2018年の神曲アニソンはコレだ!おすすめソングを20曲ピックアップ!」でも紹介していますが、「ここから、ここから」は勇気がもらえるアニソンです。まだ観ていないかたは、ED曲にも注目してくださいね。

まとめ

よりもいは、控えめにいって最高のアニメでした。2018年に放送されたアニメのなかでも1・2を争うくらい素晴らしいアニメです。

しかも、視聴対象年齢が誰でも良いってのが強いですね。アニメを深く知らない20代後半の友人に、よりもいを勧めたら鬼ハマりしていました…。大人でも楽しめるアニメなんです。

よりもいは、観ておいて損はありません。困難に立ち向かっている人は、逆に勇気をもらえます。いろいろと勉強になるし、楽しめると思いますので時間があるかたはぜひ!

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニメ評価・感想

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.