true tears(トゥルーティアーズ)評価・感想 | 一切の無駄がない最高の恋愛アニメ

投稿日:2018年10月3日 更新日:

「面白い恋愛アニメは何ですか?」この問いを受けた時、必ずといって上がるアニメが「true tears(トゥルーティアーズ)」ですよね。

純粋で美しい恋愛劇に心を打たれた方が多くいるアニメであり、僕自身も衝撃を受けましたね。先日、数年ぶりに見直したけど「やっぱり面白い」ですね。

面白いというより、深いかな?ttのように、徹底的に恋愛を深掘りしたアニメはないから、そう思うかもしれません。

では早速、「true tears」の評価ならびに感想を綴っていきたいと思います。「tt気になってるんだよな〜見ようかな〜」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「true tears」のココが面白い!評価できる3つのポイント

無駄な話がない恋愛ストーリー

ttは本当に無駄がない。

変な友情劇もないし、無駄な回想シーンもない、どストレートにキャラクターの恋心を育んでいます。だから、たった1クールだけど、心に強いインパクトが残るアニメだと僕は思っています。

どのシーンも恋に連結するような描写ばかりですので、作品にも入りやすいし、キャラクターへの感情移入もしやすいと思います。

純粋な恋愛アニメをご覧になりたい方は、ttを手にとってみてください。

安藤愛子とお母さんの存在が良い

どのキャラクターも良いですが、個人的には「安藤 愛子」と主人公のお母さんがベストでしたね。物語の起点となったし良いパイプ役でした。

特に、愛ちゃん!彼女は主人公たちの恋愛の輪から、唯一外れている存在。野球で例えると、ボールゾーンからストライクゾーンに入ってくる変化球的なキャラなんです。

ストーリーに厚みを与えるキャラでもありますので、ぜひ愛ちゃんはチェックしておきましょう。

そして、お母さん。強烈な嫉妬でヒロインキャラを嫌悪する感じは、ゾクゾクしますね〜マジでぶん殴りたくなるゲスな感じが視聴意欲を駆り立てます。

でも、最終的に良いママに変わったんで、結果オーライですけどね(笑)

キャラクターの心情に合わせた天気

ttって天気にこだわりがあるアニメだと思うんですよ。

たとえば、ヒロインキャラ・湯浅比呂美が引越しをして、荷物を乗せた車を主人公が追いかける名シーンがあるのですが、ここは気持ちがいいくらい晴天なんですよ。恐らく、湯浅比呂美の心がスッキリした瞬間に合わせた天気だと思います。

次に、石動乃絵ですよ。最終回は桜が散るシーンと乃絵が映し出されて終わっています。桜=春ですから、春は「新しい季節」です。入学だったり卒業だったり、様々な変化が起こる季節なんですよね。

乃絵は恋を知って成長したキャラでしたので、これから「変わっていくぞ」「前進していくぞ!」という感じがヒシヒシと伝わるシーンでした。

ttは天気の変化にも注目してみて下さい!

「true tears」全体を通しての感想

ttの何が良いって、主人公の「仲上 眞一郎」がしっかりと答えを出したところですよ。

女の子キャラが3人出てくるけど、好きな人・尊敬している人・大切な人、これがしっかりと線引きされているからこそ、ttは多くの人の心に残っているアニメだと思います。

ttは恋愛的な話も見応えがありますが、影に人間としての成長も描かれています。恋は人を強くすると言いますが、まさにttはそれを描き切ったと思います。

たとえば、メインヒロインの1人である「石動乃絵」とか…もう、最高すぎました。恋をして一歩を踏み出せたキャラなので、最終回のラストシーンは涙しかなかったですね…。

まとめ

恋愛アニメをご所望であれば「true tears」を手にとってみて下さい。まず、間違いないアニメですので、きっと気に入ってくれると思います。

ただ、とても考え込むアニメでもありますので、真剣にみないと面白さが半減かもしれませんね。

歌もいいし、ストーリーも最高なttをぜひご覧になってみてください!

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニメ評価・感想

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.