アニメ評価・感想

アニメ「月がきれい」評価・感想 | 小太郎と茜の純愛さが秀逸

投稿日:2018年7月3日 更新日:

大好きだぁぁぁぁぁぁ!!!

いきなりすいません。月がきれいの名言の一つをどうしても叫びたくなりました(笑)

月がきれいは、中学生の純愛を繊細に描かれた恋愛アニメです。

「なんか友達が面白いって言ってるから視聴しようかな」って思っている方、すぐに視聴しなさい。つか、25歳オーバーの大人は今すぐ見てください。大人の方にはインパクトが半端じゃないアニメです。

本記事では、月がきれいの感想・魅力を紹介しています。未視聴の方は参考にしながら、是非とも「月がきれい」を視聴してみてください。恋愛アニメが好きな方は、絶対楽しめると思います。

月がきれいのあらすじ

川越の中学校に通う小説家志望の安曇小太郎と陸上部の水野茜は、同じクラスになったのをきっかけにお互いを意識しはじめ、ある日、小太郎が茜に告白し、ぎこちない交際がはじまる。少しずつ仲を深めていく二人だったが、茜は父の転勤で千葉の高校に進学することになる。茜は遠距離恋愛になる不安を抱えるが、小太郎は茜との交際を小説に綴り、小説投稿サイトに投稿。それを読んだ茜は小太郎が自分に寄せる強い思いに涙しながら、街を離れる。

引用:月がきれい - Wikipedia

月がきれい 基本情報
ジャンル青春・恋愛
放送2017年4月〜6月
話数全12話
監督岸誠二
シリーズ構成柿原優子
アニメーション制作feel.
公式サイト☾ 月がきれい

月がきれいの評価・感想

(TVアニメ「月がきれい」番宣PV)
Flying Dog(公式配信)

尖った演出はない。終始平凡な物語

月がきれいは、中学生男女2人の恋心を徹底的かつリアリティーに描いているため、尖った演出や過度な衝突は一切ありません。

あくまで、AとBが付き合い、徐々に好きになっていく過程を中学生風にシンプルに描いているだけです。

そのため、ストーリー性は至って平凡で退屈してしまう場面が多々あります。ただ、軽い行き違いやケンカなど物語が動き出すシーンは、現実的で魅力があります。

小太郎と茜の純愛さが秀逸

中学生の恋心をめちゃくちゃ綺麗に描かれています。全体を通して平凡な流れかもしれませんが、その細かさは秀逸で視聴者の心にグサっとエグってきますね。

キャラクター作りと心理描写は本当に繊細。美しい恋愛を見たい方には強くオススメしたいアニメの1つです。

最終話のエピローグでグッと幸せ感を掴むスペシャルな演出

非常に気に入ったというか「この発想はなかった」というのが、最終回のエピローグですね。

あらすじでもあるように、主人公・小太郎と茜は高校進学先によって遠距離恋愛になってしまいます。

その遠距離恋愛の過程をLINEをモチーフに一枚絵で語られていきます。この演出を見る前は「あ〜結局はそうなるのね。恋愛って儚いわ〜」って軽い気持ちでしたが、このスペシャルな演出でグッと「月がきれい」の評価が上がりました。

1つの作品が完成された瞬間でもあるLINE演出は完璧というか、新しくて衝撃度が高かったですね。

スポンサーリンク

月がきれいを見るべき魅力ポイント

やはり、中学生の恋を細かく綺麗に描かれていることです。

中学生らしいケンカや嫉妬が、とてもリアリティーがあって「あぁ〜そんな思いをしちゃうよね」とか何度も思い、中学生時代を振り返ってしまいます(なお、筆者は中学3年間彼女いなかった模様)

尖った演出がなく終始平凡な物語ですが、繊細な恋愛描写が強烈だからこそ「月がきれい」は人気が出たと思います。

だから、よく恋愛アニメを視聴する方はめちゃくちゃハマります。

ラブコメで鍛えた陳腐な恋心を持つ僕でさえ、小太郎と茜が作り出すラブワールドは感化され衝撃を受けました。

まとめ

月がきれいは良いですよ〜。中学生の純愛を的確に描かれていて胸キュンしまくりです。

小太郎の理不尽な不貞腐れ具合とか、マジでリアリティーあるんですよ。中学生や高校生にありがちな男の嫉妬ってやつ。

告白シーンもギクシャクした感じが、ヒシヒシと伝わってきてキュンキュンになります。

恋愛アニメの中ではベスト作品の1つだと思いますので、時間があれば視聴してみてください。

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニメ評価・感想

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.