とらドラ!評価・感想、最高のラブコメアニメと言われているのは伊達じゃない

投稿日:2018年3月8日 更新日:

「とらドラって面白いよ!」そんな情報を耳にする機会が多いと思います。アニメ評価サイトでも高い評価がされており、2chでもポジティブなスレが目立ちますね。

確かに、言われているとおり『面白い』です。

初めて視聴したときは、「なんでこんな面白いアニメを見てこなかったのだ」と後悔を覚えるほど『面白い』と思いました。

しかし、周りの評価を聞いたところで、何が面白いのか分かりませんよね?そこで今回は、これから視聴される方に向けて『何が面白いのか?』をお伝えします。

とらドラ!の感想と3つの面白いポイント

「とらドラ!」BEST ALBUM「√HAPPYEND」

  1. 高須 竜児と逢坂 大河がじっくりと丁寧に惹かれていく描写
  2. 川嶋 亜美に注目すべし
  3. 大河が自分の気持ちを伝えた21話は神

高須 竜児と逢坂 大河がじっくりと丁寧に惹かれていく描写

たくさんの葛藤や出来事があるなかで、全24話をとおし竜児と大河が惹かれていく過程が描かれています。

1クールでは絶対に表現できないボリュームなので、その丁寧さが分かると思います。見終わったあとの喪失感は、今のアニメより感じられるに違いません。

そして、積木のように積み重なった頂点の感動具合と安ど感といったらなんとも言えない感動が待っています。

恋愛もさることながら、家族愛についても触れられているアニメです。終盤に家族絡みの感動劇も繋げてくることも、このアニメが評価されていると思います。

川嶋 亜美に注目すべし

竜児と大河の2人にも注目ですが、次点でがっつり見て欲しいのが『川嶋 亜美』です。

竜児に対し好意を持つものの、友情を優先し本当の自分を隠し続けた可哀想なキャラクターです。

ただ、エゴ的な性格であり友人でもある櫛枝を追い詰めたりと苦手となってしまうかもしれませんが、深く考えると正論だし友達思いの最高のやつですね。

もし、とらドラ!を視聴する機会があれば川嶋亜美も注目してください。

大河が自分の気持ちを伝えた21話は神

とりあえず、とらドラは21話まで視聴してください!と言っても、全24話なので最後の方なんですけどね(笑)

けれど21話は「くっそぉぉぉ!なんだよ!」と悶えること間違いないです。

アニメだろうが持っている抱いている気持ちを誰かにぶつけるってシーンは、ジーンとしますね。

しかもそれが、恋心というのだからなおさらです。また、ストーリー的にもいままで微妙な距離感の2人が一気に近づくことになった分岐点ですので、ここからのスピード感…。半端ないです。

とらドラ!はこんな人におすすめ!

とらドラ!こんな人にピッタリ

  • ラブコメ大好き
  • 面白い恋愛アニメを探している
  • 女性の方には強くおすすめ
  • みんなが認めている評価の高いアニメを観たい
  • くぎゅうぅぅぅぅぅぅって叫びたい人

とらドラも約10年前のアニメですから、今のアニメのような作画ではありません。

けれどストーリー・シナリオは本物だし、抽象的かもしれませんが本当に面白いです。

ユーモア溢れるコメディから考えさせられる恋愛観、最後には家族愛まで…様々な要素が詰め込まれているアニメです。

とらドラ!の評価・口コミ

とらドラの様々な口コミを集めてみました。どんな評価や声があるのか参考にしてください。

オレがアニメにハマるきっかけとなった作品。やはり神だ

今のアニメじゃなかなか見れない神作画・超感動だった

アニメもいいけどラノベはもっといい

なんか。恋愛アニメって結末的に好きとか付き合うとかなるけどとらドラは結婚しよって事だからそれがいいよね。

とらドラは神アニメ。亜美ちゃんいいキャラしてるよね

高校生の青春から、家族との繋がりまで、
若さゆえの葛藤をいろいろと盛り込まれた作品。

何回も見てきたアニメだけどいつ見ても楽しめる。

キャスト・制作陣

制作陣
原作竹宮ゆゆこ
原作イラストヤス
監督長井龍雪
シリーズ構成岡田磨里
キャラクターデザイン田中将賀
音響監督明田川仁
アニメーション制作J.C.STAFF
キャラクター名キャスト
逢坂大河釘宮理恵
高須竜児間島淳司
櫛枝実乃梨堀江由衣
北村祐作野島裕史
川嶋亜美喜多村英梨

参考 テレビ東京・あにてれ とらドラ!

まとめ

とらドラを観たくなったでしょうか?少しでも、視聴意欲が沸いてくれたらこの記事を書いた意味があったかなと思います。

ラブコメが好きなかたであれば、絶対に見て損はないので時間があれば視聴してみてください。そして、感想とか教えてくれた嬉しいです。

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニメ評価・感想

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.