「ノーゲーム・ノーライフゼロって感動できるの?」答えはYESだ!

投稿日:2017年7月19日 更新日:

Twitterで「ノゲラゼロ」と調べ、視聴した方のコメントを見ると、多くが「感動した」とツイートされていました。

確かに、感動はする。だけど、これは見たからこそ言えるわけですよね。当然のことです。これから視聴しようと思う方には具体性が足りません。

もし、自分が「感動したよ!」と言われても「ふーん。そなんだ!」って、淡白に答えて終わりなわけですよ。

その「感動」をもっと噛み砕けば、よりノゲラゼロは見たくなるんじゃね?と思い、今回は「感動」にフォーカスを当てノゲラゼロを語りつくしたいと思います。

当記事はネタバレを最小限に回避しておりますが0ではありません。何も知識を得ず空っぽでフラットな気持ちで視聴したい方は、ご注意を申し上げます。

【ノゲラゼロ】感想&評価!感動・戦闘共に完璧な内容でグウの音も出ない – AniLoop」こちらの記事では、ネタバレを最小限に感想を伝えています。

ノゲラゼロが気になっている方は、こちらから読んで頂いてもOKです。

ノゲラゼロの感動ポイントはどこ?

個人的には、4つの感動ポイントがありました。

  1. リクの宣戦布告
  2. プロポーズ&結婚式
  3. シュヴィvsジブリールの1戦
  4. 最後のリク

以上をベースに書いていきます。ネタバレ入るので、見ていない人は本当に注意してくださいね!

リクの宣戦布告 

リクが大戦を終わらすことを仲間たちに宣言したシーンです。

このシーンは原作を読んでおり、後の結末が分かった状態だからこそ感動したポイントになります。

短いシーンですが、リクの力強く仲間たちを鼓舞するシーンは熱いものを感じることができたし、結末を原自己脳内映像と重なってしまうから悲しくなったと思います。

だから、原作を一度でも読んだことがある方なら、ここの良さが分かるはずです!

プロポーズ&結婚式

続いては、リクがシュヴィにプロポーズをしたシーンとコロンが仲人の立ち位置として挙げた3人の結婚式です。

なあなあな、これは泣くだろ!普通に感動するところです。ここは原作を知らなくとも、感涙してしまうと思いますね。

特に、コロンの人の良さが半端じゃない。シュヴィは違う種族にも関わらず、家族として向かい入れた器の大きさ…。あたたけぇな~と素直に思いましたね。

もちろん、結婚式前のリクがシュヴィにプロポーズをするシーンも号泣ものだと思います。

本音を言えば、何故シュヴィはリクの故郷を滅ぼしてしまったのかをもっと解説して欲しかったなって思う部分もありますね…。そしたら、より感情移入がしやすかったかなって思います。

それで、原作で出てくるシュヴィがエラーエラーエラーとなりまくる映像が欲しかったな~。

でも、劇中で最高に感動できるシーンであることは間違いないでしょう!

シュヴィvsジブリールの1戦

制作側さんが読んでいるのであれば、あえて言おう。

「最高の出来だった!!!」

限られた時間の中で、良さを見事に抽出してくれたシーンでした。この場で言うのもあれですが、制作してくれたことに感謝と最大の敬意ですよ。

もうね、涙で前が見えないくらいほど涙を流しましたね。SAOオーディナルスケールでも泣きましたが、ノゲラゼロの方が感動しまくりでした。

シュヴィがリクに対する想いも十二分に感じられましたシーンは、感動の最大の山場でもあります。号泣していたので、もう一度見たいシーンですね!

リクの最後

一言で言えば「クソ!クソ!クソ!」です。

シュヴィとジブリールの1戦での感動ではなく、儚くて悔しさを覚える感動です。ここまでやっても、まだ足らない。という感覚ですかね。

その中で、リクが最後にゲームの神様に向けて、大戦を終わらせるよう祈りと願いをするものだから同情が増し増しで泣いてしまいますね。

まとめ

やはり、シュヴィとリクの最後は感動の雨嵐ですね。幸福感と無念さ2つの異色な感動のため2つの感情を抱きながら、感涙できる特殊な演出でした。

ここが、ノゲラゼロの醍醐味と言ってもいいかもしれません。

ノゲラゼロはバトルもの、戦闘ものだと見受けられる人もいるでしょうが、しっかりと感動も含まれているので見応えは大いにあると思います。

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニメ評価・感想

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.