アニメ情報

【発狂】とある魔術の禁書目録(インデックス)3期制作が決定!

投稿日:2017年10月1日 更新日:

【発狂】とある魔術の禁書目録(インデックス)3期制作が決定!

10月1日。東京・秋葉原で行われた「電撃25周年記念 電撃文庫 秋の祭典2017」にて、とある魔術の禁書目録(インデックス)の3期制作が決定しました。

このニュースを見た時の反応は、「( ゚д゚)ポカーン」である。

好きだったアニメだし、今は購入していないが数年前までは、原作を購入していたほど思い入れがあるタイトルです。

それが、3期のお知らせときたら黙っていられないということで、色々と調査してみました。

論より証拠!制作確定映像をご覧あれ

toaru.projectより(公式配信)
© 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ
とある魔術の禁書目録Ⅲ アニメ公式サイト

歴代の禁書の映像が流れて、懐かしい気分と興奮が自分を覆いましたね。

また、久しぶりに「SeeVisionS」を聞いたら、ブルっちまいました。サビのリズム感が「とあるシリーズ」の中でもお気に入りです。

しかしながら、川田まみさんは2016年をもって歌手を引退されています。

PVでも流れたのですが、2期OP「No buts!」はオリコン6位に輝き、とあるシリーズ以外でも度々アニメ主題歌を担当し活躍されていたアーティストでした。

禁書のイメージとしては「川田まみ」さんですから、3期からは誰が担当するのか気になるところです。

3期のストーリーやシナリオなどと同時に、誰がOP/EDの主題歌を担当するかも注目でしょうか。

前作からどれくらいの月日が経っているの?

とある魔術の禁書目録シリーズの放送は下記の通りです。

第1期2008年10月~2009年3月
第2期2010年10月~2011年4月
劇場版2013年2月

かれこれ同シリーズは、2013年を最後に約4年間アニメから遠ざかっていました。

一部、インターネットの声では…

  • 今さら感が凄い。
  • 現代のアニメ好きは禁書知ってるの?
  • つか、だいぶ前すぎて内容忘れた

など、今回の発表に対し、ネガティブなコメントも中にはありました。

確かに、間隔が空きすぎたのは否定できませんし、恐らく今のアニメ好きさんは「名前は知っているけれど見たことが無い」という方も多そうです。

しかし、

内容は見直せばいいし、新規の方は今回の発表で興味を持ち「見てみようかな」となる可能性があり、そこでハマればグッズ等の販促に繋がると制作も睨んでいるかもしれません。

だから、個人的には面白いタイミングで発表してきた印象が強いですね。

もちろん、3期の発表には心を奮い立たせられましたので、楽しみで仕方ないのは言うまでもないですね。

気になる内容は?原作のどこまで進むのか?

制作決定のみの告知となりましたので、原作のどこまで放送されるのか?など詳細は分かりません。

ですが、

ビッグタイトルですので、1クールでは終わらない可能性が高く、最低でも2クールになるのではないかと考えられます。

現に、過去に放送された「とある魔術の禁書目録」は全て2クール(各24話)の放送されています。

そこで、原作がどこまでアニメ化となったのかを見てみましょう。

第1期1巻~6巻まで
第2期5~13巻+SS1巻まで

したがって、2クールであることを肯定し原作内容を考慮するならば、原作18巻または19巻あたりまでが3期の限界だと思います。

そのため、残念なことに3期だけでは原作(全22巻)を終わらせることは難しいでしょうね。

ともあれ、能力者バトルに加えて、神の右席、上条さんと3期も見応え満載なのは揺るがないはずです!

まとめ

とりあえず、禁書をご覧になられた方は見直しましょう。そして、初めて禁書を知った方は何も言わず見ておきましょう。

有名アニメだけあって、非常に面白いです。特に主人公の上条は、昔のヒーローみたいなキャラクターなので男性は楽しめます。

また、ユニークな能力バトルアクションも見逃せないので、アクション好きも楽しめます。

アクション、キャラクター、ストーリー、設定の細かさ、普通に面白いと言えるアニメだと思います。

とりあえず、自分は3期まで全話見直しましょうかねw

よく読まれている記事

”脱”違法アップロードサイト!アニメ見放題定額サービス

違法アップロードサイトは制作側に敬意を欠き、世間でも認知され批判の的にさらされています。それを分からず違法アップロードサイトを利用することは、モラルの低さが問われてしまいます。時代は「動画配信サービス」に移っています。下記、サービスは合法的です。アニメが好きであれば、しっかりとした視聴環境で楽しみましょう!

第一位『dアニメ』

約2000作品以上を配信するアニメ専門の動画配信サービス!アニメの他に2.5次元やアニソンなど関連コンテンツも充実。

運営会社株式会社ドコモ・アニメストア
月額料金432円(税込)
配信数約2000作品

やはり、アニメを視聴するなら「dアニメ」が圧倒的に強い。過去から最新アニメまで視聴することができ、コンテンツ数も豊富。お得な月額料金も魅力的なのも大きなメリット。

第二位『UーNEXT』

月額料金2,149円と他動画配信サービスに比べて高い。しかし、雑誌読み放題・毎月1200ポイント支給・コンテンツが豊富など恩恵が大きい。また、1契約につき4人まで利用できる。

運営会社株式会社U-NEXT
月額料金2,149円
配信数約120,000本(PPC・アニメ以外含む)
画質フルHD

家族で利用することで、お得感を大きく得られるサービス。アニメだけではなく映画やドラマなどを楽しみたい方は、U-NEXTを強くオススメ。また、毎月1日に得られる1200ポイントで最新映画などを視聴できる。

第三位『ニコニコ動画』

人気に陰りを見せるも、アニメを視聴する上では良いサービスなのは間違いありません。リアルタイムでコメントが流れるため、未だ自分が知らない知識が得られたり、面白いや楽しい気持ちを共感できるのはニコニコ動画ならではのメリット。

運営会社ドワンゴ
月額料金540円
配信数変動
画質HD以上(プレミア会員時)

無料会員でも利用できるが、よくニコニコ動画を使うユーザーはプレミア会員にしておくべき。高画質になるし、生放送時、回線が混雑していても追い出される確率が低くなります。また、プレミア会員は広告非表示など特典が多数

-アニメ情報

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.