かぐや様は告らせたい、2期の可能性は?円盤や原作の売上で予想してみた

アニメ「かぐや様は告らせたい」2期

2019年冬アニメのなかで、話題となったタイトル「かぐや様は告らせたい」恋愛バトルと称して、生徒会長・白銀御行と副会長・四宮かぐやの駆け引きがふんだんに描かれたアニメです。

感動的な最終回で惜しまれつつ幕を閉じた同作品、最も気になるのは「2期制作」の有無だと思います。

そこで本記事では、円盤や原作などを参考にして2期が制作されるかどうかを考えてみました!

アニメ「かぐや様は告らせたい」の2期制作可能性は60%

結論から言いますと、かぐや様は告らせたいの2期可能性は非常に高いと考えられます。

2期制作において重要だと考えられているのが円盤と原作の売上です。まず、この2つをチェックしていきましょう!

円盤の売上状況

調べてみるとかぐや様は告らせたいの円盤売上状況で有力な情報が、円盤第1巻の初動が約5,000枚突破したとのこと。絶対的な根拠となるソースが無いため、100%信じることは難しいですが強い情報なのは間違いありません。

円盤売上によるボーダーが、5,000枚と言われているため可能性を上げてくれるニュースでしょう。全6巻の発売予定になっていますので、今後の円盤がどれだけ売れるかがキーになりそうです。

原作の売上状況

かぐや様の原作は、2019年2月時点で450万部を突破しています。2018年12月時点では350万部の売上だったため、アニメの効果は顕著に現れていると思います。

2期制作において、原作の売上も非常に重要なデータです。なぜなら、「え?原作売れてるならアニメ化どうですか?」となるからです。ただでさえ、アニメ制作は莫大なお金がかかってしまうため、売れていない原作をアニメ化するのはリスキーです。

それなら、1期の売上データを考慮して採算を算出した方が合理的なはずです。

もし僕が2期のプレゼンをするなら、

「1期の売上が〇〇円まで伸びています。また、YouTubeの再生データも多く、たくさんの人たちが認知していると考えられます。したがって、2期制作を考えてみてはいかがでしょうか?」

と、簡潔になりますがこのようなことを言います(笑)だから円盤の売上はもちろん、原作の売上も重要になってくる思います。

人気・話題性の高さ

YouTubeでアップされている藤原書記の「チカっとチカ千花っ♡ - YouTube」は、2019年4月3日時点で700万再生を突破しています。ヘビロテされている方もいるとは思いますが、700万再生は流石にすんごいです(笑)

ユーチューバーで有名なヒカキンさんでも、700万再生されている動画は少ないですからね。上記の動画は快挙といって間違いないでしょう。

こういった話題性にもなっていることも、その作品の人気度や認知度を測れるためマーケティングにおいて重要なことです。無視できない数字のはずですので、2期を後押しするきっかけになると信じています。

スポンサーリンク

2期制作における懸念材料

かぐや様の2期制作においては、充分なデータがあると見受けられます。恐らく今後も原作は売れていくでしょう。マンガは固定ファンをゲットすれば、安定して売上を上げてくれるからです。

しかし、2期制作を阻む懸念材料が2つあります。

  1. 実写映画
  2. A-1 Pictures作品であること

それぞれ説明していきます。

実写映画化は出来次第で評価を落とす可能性がある

マンガやアニメからの実写映画は、ファンからすればあまり好ましく思われていないことが多いです。実写映画化が発表された時は、「悲報!」と言われる始末。

実写映画化は、アニメやマンガを知らない人にとって作品認知をさせる打ってつけの方法ではありますが、その反面、評価を落としてしまうリスクがあります。

なぜなら映画がつまらなければ、ネガティブな印象を抱くからです。仮に、評価できない内容であれば「いや、映画がつまらなかったからアニメ見る必要ある?」みたいになるはずです。

それに「つまらない」とネガティブなレッテルを貼られた状況で、「2期制作決定!」なんて告知するのは勇気がいると思います。

よって、実写映画の出来やご覧になった人たちの評価がどういった風に左右されるかもチェックする必要がありますね。ただ、「つまらない」から相対的に「アニメ2期作れや!」という声が上がる可能性も微レ存。

A-1 Pictures作品であること

個人的に何よりもネックなのが「A-1 Pictures」制作ということです。A-1アニメは「爆発的ヒットをしない限り2期制作はしない」と、アニメ界隈ではチラホラ聞きます。

A-1作品で2期が期待されているアニメで有名なのは、

  • エロマンガ先生
  • 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
  • 灰と幻想のグリムガル
  • 亜人ちゃんは語りたい

などがあります。円盤売上的には亜人ちゃんを除いて、かぐや様並の売上があるそうです。エロマンガ先生なんて、第1巻の売上は1万枚近くありますからね。

これらを差し置いて、かぐや様の2期制作に踏み込むことは考えにくいです。恐らくですが、かぐや様よりもエロマンガ先生の2期を作った方が採算は取れると見受けられます。

冒頭で2期制作の可能性は「60%」と伝えましたが、マイナス40%はA-1 Pictures作品という理由がもっとも大きいです。

まとめ

  • かぐや様の2期制作確率は60%
  • 円盤や原作の売上が好調
  • 実写映画とA-1 Pictures作品なのが2期制作の懸念材料

かぐや様の2期制作について考えてみました!2期の可能性は残されているアニメですので、気長に続報を待ちたいところです。とにかく、藤原書記を永遠に見続けたいアニメですので、ぜひとも2期作って欲しいですね!

かぐや様のような面白いラブコメアニメを探している方は「ラブコメ・恋愛アニメおすすめランキング15選」も読んでみてください。思わぬアニメが見つかるかもしれませんよ。

よく読まれている記事

-アニメニュース

Copyright© AniLoop , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.