見たいアニメがみつかる。ネタバレ薄めのアニメレビューサイト

AniLoop

動画配信サービス

アニメを違法アップロードサイトで見る方へ。

投稿日:2017年9月10日 更新日:

今もなお、違法的なアップロードサイトが散見される。

無料で見られるサイトとしては、申し分ないコンテンツ量であると同時に最新話などアップロードのスピードも申し分ない。

使い手からすれば、この上なく便利なサイトとして認識されることでしょう。

しかし僕は問いたい。

自分の大好きで楽しみなコンテンツを違法まがいのサイトで視聴することに、後ろめたさはないだろうか?

後ろめたさを少しでも感じている方は、先に読み進めてほしい。

違法アップロードサイトは悪である

個人的には違法アップロードサイトは「悪」であると位置づけています。

利用者側からすれば、旨みはあるものの制作側からすれば一切の旨みはないと思うからです。

そして一番最悪なのが、違法アップロードしている運営側が儲かっているということです。

違法サイトの多くには、広告が貼られています。

自分もブログやサイトを運営しているため、広告収入に対してはそれなりの知識があります。

そのため、違法サイトの利用者数などをツールを使い見てみると、それなりのお金が動いていると予想できるのです…。

せっかく、丹精込めて視聴者を楽しませてくれるように制作したのに、勝手にアップロードされるのは如何なものかなと…。

制作からしたらメリットがない

では、一体なぜ違法アップロードサイトは制作に悪影響なのでしょうか。

  • お金にならない

まず、これが一番の理由だと考えられます。

無料で見られるのだから、わざわざ円盤を購入しなくともいいですし、もっと深く考察するのであればレンタルショップでもレンタルをされなくなり、レンタルショップ側としては店頭に並べられなくなる。

つまり、レンタルショップでも扱わなければディスクを購入されなくなり運営にお金が回らない流れが出来上がることは、想像できる範疇であります。

だから制作側からすれば、違法サイトって目の上のたんこぶだと考えられます。

違法サイトを潰すことはできないのか?

調べによると違法サイトを根本的に潰すことは、今はできないとのことです。

  • 海外サーバーでアップロードされているため、日本の管轄外になってしまう
  • 海外まで捕まえに行くのは費用と労力の観点から難しい

この2つの理由が大きな点ではないかと議論されていますね。

旨みがあるのはアップロード者

違法アップロードサイトは、主にサイト運営者にお金が回ります。

つまり、動画をアップロードするだけでお金が入るということです。

先日、ワンピース事件が問題になりました。

これもまた似たようなサイトで、毎週発売されているジャンプの最新話をサイトに公開したとのことでした。

無料で最新話が見られるのと、無料でアニメが見られるということは通じる部分があると思います。

そのワンピースネタバレサイトで得られた広告収入は、億単位で金が動いています。

この事件のように、旨みがあるのはアップロード者だけなんですよ~。

作者の尾田氏には、一切旨みはないですからね…。そりゃあ逮捕されますわ^^;

アニメの衰退を加速させる

違法サイトによって、制作や運営にお金が回らないことは大体分かってきたと思います。

次にお金が制作に入らないとどうなるか考えてみましょう。

  • アニメが作れない

アニメを作るのには、多額の費用が掛かります。

12話の1クールアニメでも、2~3億円の制作費用が相場とのことです。

違法サイトで視聴する人が増えれば増えるほど、制作にお金が入らずアップロード者の元に流れてしまいます。

そうなると、制作がドンドンと資金面で弱体化していき、最後にはアニメ制作する余裕がなくなるわけです。

もし、この現象が増加していくとアニメを作る会社はなくなり、誰もアニメを作ることはしなくるでしょう。

だって、お金にならないんだからね…。

視聴する分には違法性は低いが…

ここまで、違法サイトについてディスって来ました。

まぁ、自分の大好きなコンテンツが少しでも衰退したら嫌ですからね…。

違法サイトの中身を知れば知るほど、嫌悪感が増してしまいますわw

ですが、

もう1つ闇の部分を語らせていただきます。

違法サイトでアニメを視聴することに対しては、違法性が低いと言われています。

悪いのは、

  • アップロード者
  • 違法サイトでの動画をダウンロードする行為

となるため、視聴する分には捕まるケースはほとんどないみたいです。

けど、いかに違法じゃなくとも捕まらなくとも、違法サイトで好きなコンテンツを視聴するのってどうなんでしょうかね。

個人的には、違法サイトを視聴している人や利用している人のモラルを疑います。

違法まがいのサイトを利用しているのって、なんか微妙じゃないですか?

そんな人と関わりたいと思いますかね?

自分ならNOですね。

いくら、無料と言えども自分の好きなものに対しては、お金を出した方が楽しめる気がするからです。

だから、違法性はないにしても、制作に対しての敬意やモラルの観点において利用は辞めるべきだと喝破します。

2018年は違法アップロードサイトがより否定的にみられている

漫画村からの影響で、アニメ違法アップロードサイトにも風当たりが強くなっています。

アニポが立て続けに閉鎖に追い込まれたり、Anitubeの運営者が逮捕された報道もあります。

参考 「海賊版という認識なかった」 Anitubeに毎月広告費1300万円を支払っていた代理店が取材に応じた (2/2) - ねとらぼ

このように、みんなが動き出し違法サイトは淘汰され始めています。

広告掲載拒否もあり得る

違法サイトの収益は「広告」です。掲載する広告がなければ、サイト運営者にはお金が入りません。

上記ニュースには…

Z社:結果的には海賊版サイトへの資金を提供していた形になってしまったことは事実ですので、今後は管理体制を強化し健全化を推進してまいります。

引用:「海賊版という認識なかった」 Anitubeに毎月広告費1300万円を支払っていた代理店が取材に応じた (1/2) - ねとらぼ

とあります。つまり、広告を出さないと捉えられます。もし、こういった広告会社が増えれば、運営者にお金が入らず運営困難になっていくでしょう。

とても、重要なニュースですね。

違法サイトから動画配信サービスへ

違法サイトは制作側に対し、メリットは生まれにくと考えられます。

そこで、制作側と我々視聴者がWINWINになるならば、円盤購入がベストであります。

しかし、

円盤って高いですよね?すべてを揃えるとなると、それなりの出費となってしまいがちです。

如何に好きなアニメでも金額を見てしまった途端、手を出しにくくなるでしょう。

そこで、なるべく節約をし制作サイドへ貢献できるベストな方法が「動画配信サービス」です。

違法サイト利用者は一考すべし!

月額使用料金は発生してしまいますが、月に400円~2000円ほどの料金で様々なサービスがあります。

例えば、お得なサービスですと「dアニメ」が有名です。

dアニメは月額400円(税抜)で約2000作品が視聴できるため、動画配信サービスの中ではコスパ最強であります。

アニメ以外にも見たい!と言う方であれば、ネットフリックスやhuluなどアニメ以外のジャンルも豊富に配信されています。

なぜ、動画配信サービスが制作に関わるかと言うと、各動画配信サービスは制作へ配信費を支払うことで各サービスはアニメを配信します。

つまり、動画配信サービスに契約すれば、少なからず制作に自分のお金が回ることになります。

円盤ほどの利益率ではないかもしれませんが、違法サイトで視聴するよりかは幾分マシだと思います。

だから、違法サイトを利用している方は動画配信サービスも一考ものです。

自分の好きなコンテンツなのだから、少しだけでもいいので貢献心を持ってみてはどうでしょうか?

まとめ

違法サイトについて言及させて頂きました。

とにかく何が言いたいかというと、

「そんな違法まがいでよくわからないサイトを使うより、安全で合法的な動画配信サービス使えば充分よ」ということですw

違法サイトはアニメにとって、何もいいことは無いので利用している方は考え直してみてください。

アニメ見放題サービス比較ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ大好き野郎です。まだまだアニメ歴5年ほどと浅いので、温かい目で見守ってください(笑)面白いアニメがあれば、Twitterで教えてくれると喜びます。

-動画配信サービス

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.