アニメ評価・感想

アニメ「はねバド!」評価・感想 | ちょっと綾乃さん怖いわ!

投稿日:2018年8月16日 更新日:

アクセスしていただきありがとうございます!パラメです。

ものすごい主人公が現れた!ギスギスした雰囲気が緊張感ある!ということで、注目されている「はねバド!」

今回は…

  1. はねバド!のどこが面白いのか?
  2. 第7話までの感想

この2つのポイントを紹介しています。「はねバド!」をご覧になっている方は、ゆるい感じ読んでみてください。

アニメ「はねバド!」のココが面白い!評価できる3つのポイント

はねバド!

©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
第3話「アイツは完璧だった」より画像引用
出典:テレビアニメ「はねバド!」公式サイトより

まずは、良かったと思えるポイントを3つ紹介します。

綾乃の闇具合が半端ないって!マジで怖い!

主人公「羽咲綾乃」がマジで半端ないです。第1話では可愛い女子高校生なのですが、回を追うごとに彼女の闇が目覚めていきます。

バドミントンとお母さんの事になると情緒不安定な状態になり、取扱注意者へと成り下がっていきます。

最初に持った可愛い少女という印象が、ドンドンと崩れていくゾクゾク感が凄まじいですね。

この主人公の変化は、見所の1つだと思います。

まぁ大部分はギャグ要素ですが、こんだけぶっ飛んだ主人公を描いたのは、ある意味評価できます。

バドミントンアニメという新鮮さ

バドミントンという新鮮さは大いに感じられますね。動きにも躍動感があるし、汗の見せ方は素晴らしいものがありました。

バドミントンを知らなくても、「おぉ」と声を漏らしてしまうようなシーンがありました。

個人的には、もっとバドミントンをプレイしている描写をたくさん入れて、ヘアピン・ドライブ・プッシュ・カットスマッシュなど初心者にもわかりやすいように解説も入れて欲しかったですね。

そうすれば、バドミントンに興味を持つ方が増え、プレー人口が増えるきっかけになったかもしれませんね。

ともあれ、動きは抜群に良いです。

圧倒的作画の良さでゴリ押し

第7話までですが、終始安定した作画でした。とても綺麗だし「力入ってんな〜」という感じでした。

先にも挙げたバドミントンの動きも良かったし、キャラクターたちも安定した絵で見やすかったですね。

綺麗なアニメをご覧になりたい方は、はねバド!は見ておいた方がいいでしょう。

余談ですが、OP映像は今夏アニメのなかでもトップクラスでカッコいい。

センスが高すぎるスタイリッシュさ、映像速度の強弱が心地よすぎるので、まだご覧になっていない方は是非!

スポンサーリンク

アニメ「はねバド!」第7話までの感想【酷評なので注意】

確かに良いところはあったのですが、はっきり言って「面白くない」

様々な理由がありますが、1番は主人公・羽咲綾乃。

母親依存で自分のアイデンティティーが無さすぎる。簡単にいえば「芯のないキャラクター」なんですよ。

仲間が欲しいのか、バドミントンがしたいのか、お母さんに会いたくて堪らないのか、勝ちたいのか、全く分からないんですよね。

だから、感情移入しにくいと感じました。

しかも、天才だから努力する描写なし、仲間を大切にする描写もない、スポ根アニメと言われていますがスポーツ要素だけあって根性要素なんて何ひとつないですね。

せっかく、バドミントンという未開ジャンルだったのに、これでは「バドミントン」の良さが生まれる訳がないし、ネガティブな印象しか残らないですね。

「弱ペダ」のような仲間意識、「スラムダンク」や「ボールルームへようこそ」のような努力。これらをスポーツに組み込まなかったのは致命的。

バドミントンという世界だけれど、設定がファンタジーすぎたかなって思います。

「はねバド!」基本情報

放送2018年7月〜
話数放送中
原作濱田浩輔
監督江崎慎平
アニメーション制作ライデンフィルム
公式サイトテレビアニメ「はねバド!」公式サイト

原作は漫画です。good!アフタヌーンで連載されています

あらすじ

抜群の才能がありながらも、なぜかバドミントンを避ける「羽咲綾乃」は、北小町高校バドミントン部臨時コーチとなった「立花健太郎」や幼馴染の「藤沢エレナ」に押し進められ渋々バドミントン部に入部することになった。

原作とアニメ版では、キャラクター設定など異なっている模様

主要キャラクター

キャラクター名キャスト
羽咲 綾乃大和田仁美
藤沢 エレナ小原好美
荒垣 なぎさ島袋美由利
泉 理子三村ゆうな
立花 健太郎岡本信彦
コニー・クリステンセン伊瀬茉莉也
芹ヶ谷 薫子下田麻美
羽咲 有千夏大原さやか

まとめ

アニメ「はねバド!」についてでした。

ちょっと酷評気味ですが、バドミントンをしている動きは本物です。そこはかなり評価できる部分でした。

一ミリでもバドミントンに興味があるなら、見ておいて損はないでしょう!

ただ、物語やキャラクター設定がもう少し練られていたら、もっと話題になったアニメだと思うから勿体無いです。

もちろん今も話題になっていますが、話題のベクトルがバドミントンではなく、綾乃の方に向いているって時点で…察し!

【PR】アニメを見るならコレ!おすすめ見放題サービス

  • U-NEXT:月額料金は1,990円と高めの設定ですが、アニメが見られるのはもちろん、映画やドラマをご覧になれます。雑誌も一部読める高スペックサービス
  • ビデオパス :auユーザーなら必見のサービス。最新アニメも盛りだくさんです。また、ビデオパスは他サービスにはない、一部映画館鑑賞料金が割引なるという特典付き!
  • Amazonプライム・ビデオ:プライム会員登録することで使えるAmazonプライム・ビデオ。年間プランに申し込めば月325円で使えるコスパ最強のサービス

おもしろいアニメが見つかる!

ジャンル別おすすめアニメまとめ

主人公最強・青春・感動などジャンルごとに「おもしろい」アニメを紹介しています

よく読まれている記事

-アニメ評価・感想

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.