ゴブスレOP曲「Rightfully」がカッコいい!歌うMiliって何者?

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 画像引用:第一話「ある冒険者の結末」より 出典:第一話 | TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト

ゴブリンスレイヤーさんから学ぶべき3つのこと | 勉強にもビジネスにも活かせる

投稿日:

時としてアニメは、自身のリアルにも影響を与えることがあります。

「この主人公の考え方が好きだから真似しよう」「このキャラの行動パターンを真似して笑いを狙おう」など、アニメといえどついつい学んでしまうことがあるはずです。

実は、ゴブスレにも学ぶべきポイントがあります。それは、ゴブリンスレイヤーさんの思考方です。これは、ビジネスでも勉強でも役立つことだと思います。

ゴブスレが面白いと言われている理由にも繋がりますので、ゴブスレが好きな方は参考にしてみてください。

ゴブスレは過激な描写ではない!ゴブリンに執着しまくる主人公だ

ゴブスレといえば、ゴブリンが女性を襲う過激な描写が有名です。胸糞悪くある描写かもしれないですが、ゴブリンに対してのヘイトを溜める上では非常に効果的な演出。

視聴者はヘイトが溜まった状態ですので、ゴブリンを無慈悲に叩くゴブスレさんがよりカッコよく映ると思います。

さて、ゴブスレは過激な描写が多いですが、それは飾りに過ぎません。ゴブスレさんを引き立てる演出に過ぎませんし、そこに面白さは一切ありません。

ゴブスレの面白さは「ゴブリンに執着する主人公」です。ここに、面白さと学ぶべきポイントが秘められています。本記事では、3つのポイントに分けて説明していきます。

関連記事 ゴブスレさんがカッコいい理由は「徹底した一貫性」

常に最悪なケースを想定している

第6話までしか視聴していませんが、ゴブスレさんってネガティブな思考の持ち主。常に襲われることを想定し、対処しているのが伺えます。例えば、自身の村に帰ってきたときは襲われないように警戒をしています。

一見、臆病とか考えすぎとかって思われるかもしれませんが、用心はしておいて損はありません。例えば、いきなり大震災がやってきて、それから準備するのは遅いですよね。

地震がある前に準備しておけば、いざ来た時に迅速な対応ができます。ゴブスレさんのような慎重な姿勢と、最悪を想定しての行動は勉強・生活・仕事などでも生かせるでしょう。

相手を知り尽くす研究熱心さ

相手を知れば知るほど、色々なオプションが切れるものです。ゴブスレさんは、ゴブリンを研究し続けあらゆる選択肢があります。

時には殴殺し、時には飛び道具、時には魔法、ゴブリンの習性が分かっているできることです。ゴブスレさんの相手を知る研究熱心さは、大事にすべきだと思います。

例えば、ゲーム。相手を観察すれば必ず癖が出て来ます。学校のテストだって、同じ先生がテストを作れば、どこかにカラクリが見出せるかもしれない。

相手を研究すれば、たくさんの落とし穴を見つけることができるはずです。研究しなければ、それらを見つけ出す可能性はゼロですから、ゴブスレさんのように勉強・研究し続けたいですね。

スペシャリストの魅力さ

100個できるより、1個のことができる方がカッコいい!と証明してくれたのが、ゴブスレさん。万能さはストロングポイントでもありますが、何でもこなすようになるのは大変ですしセンスが問われます。

ならば、ゴブスレさんがゴブリン退治を徹底しているように、自分自身も何かのスペシャリストになればカッコいいです。「これだけは、誰にも負けない!」というのがあれば、自信にも使えるしアピールポイントにもなります。

僕も自慢できる能力はありませんが、ゴブスレさんのように何かのスペシャリストになりたいものです。

まとめ:ゴブスレさんは衛宮切嗣のような深い思考力がある

ゴブスレさんから学ぶべき3つのポイントを紹介しました。社会人の方でも、学生の方でも、学ぶべきポイントが多い主人公です。

ゴブスレさんは、本当に素晴らしい設定だと思います。思慮深く自分の芯がしっかりしています。数あるアニメの中でも、カッコいい主人公の1人です。

ジャンルは違えど、衛宮切嗣みたいな深い主人公で視聴していて面白いです。

物語も中盤から終盤に差し掛かってくる頃ですので、どういった引き出しがあるのか楽しみです。

関連記事 ゴブスレOP曲「Rightfully」がカッコいい!歌うMiliって何者?

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニメ情報

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.