グリッドマン、六花ママの正体を徹底考察してみる!

更新日:

Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
画像引用:第11話「決・戦」より
出典:TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」公式サイト

最終回でも明かされなかった、六花ママの正体。インターネットで調べてみても、有力な情報は無いのが現状です。

そこで、個人的に六花ママの考察をしていきます。ただし、根拠は一切ありません。あくまで一個人の考えですので、ご了承ください!

関連記事 グリッドマン、なぜ裕太にグリッドマンが宿ったのか?【考察】

【考察1】リンクマン

六花ママは、グリッドマンとアレクシスを繋ぐ者(リンクマン)では無いでしょうか。

理由は、目の色です。青は味方、黄は中立、赤は敵という位置付けになっています。六花ママの目の色は、中立の黄色。グリッドマンとアレクシスと同じ色なんですよね。

つまり、内海や六花のような人間ではなく、グリッドマン側の存在ということになります。

グリッドマンの目の関連性を考えれば、グリッドマン・アレクシス・六花ママは繋がっていると考えるのが妥当です。よって、関係者を繋ぐ役割があるのかなと…。

【考察2】監視役

ウルトラマンの父と母のような存在なのかなって考えもあります。理由は、左耳につけた「目のピアス」です。

目は「見る」「視る」ということに繋がります。あのピアスが監視の役割を担っているかなって思います。

そうじゃないと、わざわざあんな悪趣味なピアスにしないでしょうし、作中ではわざとらしく大きく描いていますからね〜。何かしらの意味はあると思います!

補足ですが、目=レンズと捉えれば、グリッドマンが内海に渡したビー玉との関係性もあるのではないか?と考えられます。

が、あまりにも関係性が薄すぎますね(笑)

【考察3】前世界のグリッドマン陣営?

たぶんですが、グリッドマンの世界は最低でも2周目だと思っています。その理由が、最終話のアレクシスです。

懐かしい姿じゃないかグリッドマン

僕の記憶が間違いなければ、最終回のグリッドマンの姿でバトルするのは初めてだったはずです。過去に戦ったことのあるような口調は、あからさまにおかしいです。

また、アノシラスちゃんは最終回の名前表記に「2代目」と付いています。ですから、今回のアニメで描かれたのは2周目の世界という可能性がある。

アノシラスちゃんのような継続存在がいるということは、グリッドマン陣営に居てもおかしくない。つまり、六花ママは前世界のグリッドマン陣営だったのかなって思います。

ちゃっかり、響裕太と同じ髪色でもありますね〜

スポンサーリンク

まとめ

六花ママについて考えました!本編で明らかになって欲しかったですが、こう考えさせてくれるアニメっていいですよね(笑)

「はぁ?なんで六花ママの正体を紹介しないの?マジないわ〜」と、文句を言う前に、素材があるんだから自分で考えてみるのもいいですよ!

考えて考えて、自分が納得いくものが見つかれば、もっとグリッドマンが好きになりますよ(笑)

では、六花ママの考察を終えたいと思います!もし、ここ以外の意見があればTwitterでもいいので教えてくださいね!

\ Twitterで最新情報をチェック /

よく読まれている記事

-未分類

Copyright© AniLoop , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.