声優

芸能人が声優に挑戦するのは「話題性」と「ギャップ性」だけ。プロ声優の方が絶対良い!

投稿日:2018年6月5日 更新日:

時に、アニメ映画になるとキャスト(CV)が「○○さんだ!」と有名芸能人を採用し話題を呼びます。

しかしですね...芸能人の声優挑戦は、アニメファンからすると不快となってしまう方が多いんです。

なぜなら、普段深夜アニメを見まくっている側からすると、芸能人の演技はプロの声優よりも劣るからです。

もちろん中には、「君の名は。」に出演した神木隆之介さんなど天才的な演技をする方もいますが、かなり稀な方だと思います。

今回は、芸能人が声優に挑戦することについて考えをまとめてみました。共感してくれればうれしいです。

声優に芸能人を起用するメリット

まず、芸能人が声優に起用され得られるメリットは2つ考えられます。

  1. 話題性
  2. 芸能人が声優をするギャップ性

話題性

これが、一番大きなメリットだと思います。日本の誰もが知っている芸能人を採用すれば、嫌でも注目されること間違いありません。

例えば、「今作のヒロイン担当は”広瀬すず”さんですー!」と銘打ったら、アニメファン以外の方は「お!」と振り向くでしょう。

2017年8月に公開された「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」だって、広瀬すず&菅田将暉ペアで話題を呼びましたね(この2人の時点で劇場へ足を運ぶのを辞めた私)

ギャップ性

普段から俳優業しかしていない芸能人が声優挑戦!と言えば、プラスイメージが植え付けられ好印象です。

「こいつ、俳優もして声優もやるとか頑張ってるな」

「挑戦」という文字は、自然と応援したくなる奇跡のワードですから、お願いされた芸能人も飛びつくでしょうね。

また、ファンからしても「違った一面」を堪能できるチャンスであるため劇場へと足を運ぶ可能性だってあります。

このギャップ性は、いろいろなプラスを生む要素だと考えられます。

話題性とギャップ性で集客を狙う

結局、何が言いたいかというと、芸能人を声優に起用すれば自ずと宣伝集客効果が見込めます。

だから、どのオリジナルアニメ映画やジブリなどでも芸能人が採用されるんですよ。

それと、スポンサーの影も怪しいですけどね...スポンサーがデカいと「コイツ使ってほしい」とかあるかもしれません。

声優が上手い芸能人

中には声優でもやっていけるような上手い芸能人がいるのも事実です。

「この芸能人が出ていたら見に行った方がいいよ!」という芸能人をピックアップしました!

  • 神木隆之介さん【代表作:君の名は。(立花 瀧)】
  • 神田沙也加さん【代表作:アナと雪の女王(アナ)】
  • 大泉洋さん【代表作:バケモノの子(多々良)】
  • 唐沢寿明さん【代表作:トイ・ストーリー(ウッディ)】
  • 上川隆也さん【代表作:天元突破グレンラガン(アンチ=スパイラル)】

けど、芸能人の声優はやって欲しくない!プロの方がいい

確かに、芸能人の声優はいろいろな効果が得られると思います。制作関係が分からない僕でさえ、簡単なイメージが付くほどです。

しかし、いくら話題性・集客見込みができるとしても、アニメ声優は絶対にプロの声優がいいです。

長年やってきている方であれば、キャラクターの感情に合わせたトーンを合わせられるし、声の起伏というのかな?上げ下げが上手なんです。

アクションで熱くなる演技・感動的な声で涙を助長させる演技・視聴側も楽しくなるような演技。

それができるのが、普段から声優業として頑張っているプロの方々ですから、積極的に声優さんを主役に添えて欲しいですね。

素人が演技して本当に良いアニメが出来上がるのか?

いくら芸能人が役者スキルが高かろうと、声優がやったことがないのであれば素人ですよ。

そんな方が、声優をやって果たして良い作品が出来上がると思いますか?素人がやって「コレは面白くなる!」と思いますか?

ならないですよね?あなたがもし、監督であれば素人よりプロをファーストチョイスするはずです。

だから、演技面を含めアニメ映画などはプロ声優にお願いするべきでしょう。

さいごに

アニメのような声の演技は声優さんが上手いのは、確実・確定的だと思います。

だって、それでご飯を食べているその道のプロだから、上手いに決まっているじゃないですか。

だから、これを読んでいる制作関係の人たち...

スポンサーとか横やりとかいっぱいあると思いますが、頑張ってプロの声優さんを起用してください!オナシャス!

よく読まれている記事

-声優

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.