動画工房おすすめアニメ7選、かわいいキャラを観たい方必見!

更新日:

動画工房おすすめアニメ

アニメーション制作会社・動画工房が手がけたおすすめアニメを紹介します。

動画工房が作るアニメはキャラクターが、みんな可愛いのが特徴的です。

どのアニメも面白ので、ぜひ下記のアニメをチェックしてみてください。

動画工房おすすめアニメ7選

あくまで筆者の主観的ピックアップになります。ご理解のほどいただければ幸いです。

未確認で進行形

動画工房に心を奪われたアニメです。

  • 夜ノ森 小紅(よのもり こべに)
  • 夜ノ森 紅緒(よのもり べにお)
  • 三峰 真白(みつみね ましろ)

上記3キャラクターがあまりにも可愛すぎて、毎話キュンキュンさせられます。特に、真白たーーーん!!!は自分が男であろうと女であろうと、可愛すぎてナデナデしたくなるようキャラクターですよ。

また、ヒロイン・小紅と主人公・白夜のラブストーリーも良いです。最終回とかドキドキしてしまいます。未確認で進行形は、男女問わずおすすめです。

月刊少女 野崎くん

月刊少女野崎くんの良さは、主人公の野崎くん。人気少女漫画の作者のくせに恋には鈍感で、好意を抱く「佐倉千代」を毎回ガッカリさせる展開は笑わせてくれます。

またこの2人を取り囲むキャラクターたちも、一癖二癖あって素晴らしいコクを出してくれてますね。

原作が4コマ漫画であることから、テンポよくスイスイと見られるアニメとなるためサクッとアニメを見たい方にオススメです。

干物妹!うまるちゃん

2017秋アニメで2期が放送されることとなった「干物妹!うまるちゃん」

アニメタイトルに含まれている妹の「うまる」は、学校などの外では才色兼備の完璧女子高校生として振舞うが、兄といる自宅ではゲーム・アニメ・漫画にお菓子とジュースで過ごすグータラダメ人間。

兄のタイヘイ以外にはグータラな一面が知られておらず、そのギャップを生かし、たくさんの笑いを提供してくれるキャラクターとなっています。

たまにみせる兄弟の絆で、ちょっとした感動もあるのがうまるちゃんの特徴ですね。

三者三葉

原作が「未確認で進行形」と同じ作者である「荒井チェリー」さん。

ちなみにですが、アニメ化となったのは「未確認で進行形」が先でしたが、執筆は三者三葉の方が古く「まんがタイムきらら」のデビュー作品となっています。

未確認同様に、メイン3キャラクターはとてもユーモア満載となっています。

大食いの「小田切 双葉(おだぎり ふたば)」、腹黒委員長「葉山 照(はやま てる)」、貧乏女「西川 葉子(にしかわ ようこ)」が作る世界観は独特で面白いです。

スポンサーリンク

NEW GAME!

言わずと知れた動画工房を代表するアニメであり、個人的に同社ナンバー1のアニメだと思っています。

ゲーム制作をする女性たちが描かれ、ゲーム制作の楽しさや可愛いキャラクターたちが魅力的です。

アニメキャラクターにブヒブヒできる方やゲーム制作に少しでも興味がある方は、見ておいて損はないアニメだと思います。

ガヴリールドロップアウト

圧倒的にヴィーネ派の私です。

成績優秀の天使が人間界で生活するうちに、ネトゲにハマり堕天使(駄天使)となるガヴリールを中心とした日常系アニメ。

ガブリールドロップアウトは、ガヴリールの自堕落な生活に個性豊かなキャラクターたちが上手く絡み合っています。

ガヴリールの自堕落な生活を改善しようとする「ヴィーネ」、勝手にライバル視している「サターニャ」、サディストの「ラフィーニャ」

可愛いキャラクターたちが作り出す世界観は、非常に笑いの絶えないアニメとなっています。

プラスティック・メモリーズ

動画工房が手がけた感動オリジナルアニメ。ロボットと人間が共存する世界で、2人のキャラクターが恋をします。とても悲しい運命が待っていて、最終回は涙なしでは語れません。

でも、そこから多くのことを学べるアニメだと思います。もしいま大切な人がいるならば、絶対に大切にしたくなるそんなアニメです。

動画工房とは

既に名前は知っている方がいると思いますが、歴史など概要について触れます。

興味ない方は、すっ飛ばしてください。

動画工房は1973年に設立をし東京都練馬区に本社を構え、アニメ制作会社の中では老舗となる制作会社となっています。

過去には作画力が買われ「風の谷のナウシカ」の作画を担当した経緯を持ち、実力・知名度とともに日本を代表する企業でもあります。

主に動画工房が作り上げるアニメは、いわゆる日常系アニメです。

特に、4コマ漫画を原作としたアニメ作りには定評があり、美少女系の描写が非常に得意と言われ、ネットでは高い評価を得られています。

動画工房アニメの売上はどうなの?

評価が高いと言われているのだから、同社制作アニメの売上は凄いの?

こういった疑問が浮かび上がると思います。

近年、公開・放送されたアニメの売上は堅調。下記の数字はすべて、第一巻の合計売上となります。

  • 未確認で進行形(約8,000枚)
  • 月刊少女野崎くん(約15,000枚)
  • NEW GAME!(約7,000枚)
  • ガブリールドロップアウト(約3,800枚)
  • 刀剣乱舞-花丸-(約23,000枚)

円盤が売れないと話題となっている昨今、これだけのヒット作品を出しているアニメ制作会社は非常に珍しい。

2017年夏アニメでは人気タイトル「NEW GAME!」2期の放送がされ、同作品もヒットとなること間違いないでしょう。

ともあれ、動画工房アニメは数字的に見ても非常に人気であることは疑いの余地がありません。

まとめ

動画工房制作アニメおすすめ7選でした。どれも楽しめるアニメなのは間違いないので、興味が1ミリでも湧いた方はご覧になってみてください。

また、今後新作アニメで動画工房をみかけたら、積極的に視聴しましょう!

よく読まれている記事

-制作会社別
-

Copyright© AniLoop , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.