©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会 ©Kei SANBE 2015/KADOKAWA
第1話「走馬灯」よい引用
出典:第一話「走馬灯」 - あらすじ | TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト

アニメ「僕だけがいない街」感想&評価!絶対に見るべき面白さである

投稿日:2017年7月22日 更新日:

2016年冬アニメとして放送された「僕だけがいない街」には、衝撃を受けました。

ここ数年間では、かなり大当たりなアニメだと確信していますね。

だから、アニメ「僕だけがいない街」を未だにご覧になられていない方は、見るべきアニメだと思います。

では、僕街の感想と評価を紹介していきます!

「僕だけがいない街」とは?

僕だけがいない街は、漫画が原作となりジャンルはミステリー・サスペンス。2012年からヤングエースで連載を開始し、2016年4号にて連載が終了しています。

原作の方も大変人気で、『このマンガがすごい!2014』オトコ編第15位と『マンガ大賞2014』第2位を獲得し漫画ファンからも絶大な評価得ている作品です。

そのため、アニメ化となった時は凄い盛り上がりでしたね…。原作を読んでいた方からは「絶対に面白い!」と言った声が散見されていました。

「僕だけがいない街」あらすじ

29歳の藤沼悟は、自身で「リバイバル(再上映)」と呼んでいるタイムリープ能力を持っていた。

その能力は自分他者に関係なく、身の回りに「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムリープしてしまう奇異な能力である。

また、自分の意志で発動することができず、問題をクリアするまでリバイバルは何度でも発動してしまう奇異な能力。

藤沼悟はこの能力に不満を持ちつつも、日々ピザやでアルバイトの日々を過ごしていた。だが、自宅に訪れた母親が何者かによって殺害されてしまう。

悟は母親を助けるために、リバイバルを使って救出へと向かう。

スポンサーリンク

「僕だけがいない街」感想

先に言っておきますが、なるべくネタバレは控えています。これから視聴する方がいると見通してあえてしてません。

僕街はミステリーサスペンスカテですから、結末を知ってしまうとめちゃくちゃつまらなくなると思うからです。

だから、まだ見ていない方は安心して読んで頂ければと思います。ただ、ネタバレに関し神経質な方はブラウザバックを推奨致します。ネタバレ要素0で感想を語るのは、無理ですからねw

ハラハラさせる演出

アニメ版の僕街の素晴らしさの1つは、演出のこだわりですかね。

サスペンスらしいドキドキした演出は視聴する側を画面に釘付けにしてくれます。

また、毎話毎話良いところで終わってしまうところは憎い演出ですね。自分はリアルタイムで視聴していた勢なので、1話が終わると常に悶えていました。

「1週間待てないよ!早く次の話を見させてー!!!」と僕街が放送されていた1週間は苦痛の日々でした。

それくらい、1話が終わるラストは素晴らしい締め方だと感嘆な出来だと思います。

感動要素もあり!見応え充分よ!

©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会
©Kei SANBE 2015/KADOKAWA
第9話「終幕」より引用
出典:第九話「終幕」 - あらすじ | TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト

僕街では母親を救うためにリバイバルをするのですが、並行して誘拐事件の解決も悟は追っていきます。

そこで「雛月加代」というキャラクターが登場し、前半の大部分は彼女のために使われます。

これがね…めっちゃ感動する結末なのです。

第8話だったかな?朝食のシーンがあるのですが、もうね…号泣不可避でした。シリーズ構成と映像が合致した感動を味わえますよ。

前半の大部分を雛月で費やし、感情移入が出来た状態でのあの演出はセコイっすわー!

また、より感動を誘ってくれた雛月のキャスト「悠木碧」さんの演技もよかったですね。相変わらず、このかたは何でもできる声優。知らないかたは下記記事を読んでみてください!

ガチ!悠木碧が演じたベストアニメキャラ5選!マジでファンになるぞ
悠木碧さんが演じたアニメキャラ代表作5選!

続きを見る

程よい余韻を残させる最後

僕街のラストは、心地の良い余韻を残させてくれました。表現し難い感覚です。

後腐れなく見事なまでのタイトル回収でピシャリと終えたと思ったら、「その子とは、どんな関係性なのー!?」と視聴者に「気になる」を意識させる展開が待っているのだから困惑しますよw

評価される終わり方の最高のミックスだと個人的に思っていますね。

この感覚を共有できるのは、視聴した方だけです。視聴した方よ…気持ち分かってくれるかな?w

もし、少しでも興味が芽生えたらマッハで視聴することをオススメしますよ!

スポンサーリンク

アニメ「僕だけがいない街」評価

ストーリー・演出・音楽・キャラデザどれも満足のいくアニメでした。グウの音がくらい「面白い!」と今でも思っている作品であり、俺的アニメランキングでも上位に君臨します。

ただ、キャストの演技が納得できませんでしたね。プロの声優さんたちには文句はないのですが、問題なのは29歳の藤沼悟です。

作中でも盛り上がる、最後のリバイバル前のシーンで「飛べよー」と大声をあげるのですが壮大にズコーなんですよ。一瞬、ネタかな?と思うくらい酷い演技だと思いましたね。

そこが、僕街で唯一許せなかった部分のため満点評価できませんでした。

ご覧になった方は、このシーンどうでした?凄い!と思いましたか?

まとめ

僕街は面白いです。この記事を読んで少しでも興味が沸いてくれたら、嬉しい限りです!

何度も言いますが未視聴の方は、是非とも見てくださいね!絶対に楽しめると思います。

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニメ評価・感想

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.