アニメ『化物語』評価&感想!言葉遊びや演出は斬新であるぞ

投稿日:2018年1月23日 更新日:

地上波で初めて放送された物語シリーズ『化物語』の感想を綴りたいと思います。これから視聴するかたに向けて書いています。

どういった点が面白いのか?どのような人にオススメなのか?いわゆる初見のかたに重きを置き紹介しますので、ネタバレは少な目です。

結論から言えば、スゲー独特なアニメだからこれまでのアニメに飽きたかたは是非とも見て欲しい1本だと思います。

アニメ『化物語』評価

化物語 Blu-ray Disc Box

個性的なキャラクターも良し、センスの良いギャグやパロディーに加え、しっかりとしたシリアスシーンは逸品です。

特に、11話とかマジでやべぇーよってレベルでした。ED曲『君の知らない物語』をバックにした特殊エンドは、見てきて良かったわぁぁぁと心底思いましたね。

さて、気になる評価点は…9.0点(10点満点)

確かに、面白いには面白いです。ストーリーやキャラクターなどはトップレベルの面白さがあると思います。

しかし、淡々と進み起伏が薄いです。キャラクター推し感があり、途中で飽きてしまう方も中にはいるのかなーと思い、満点は与えられなかったです。

個人的にはもう少し怪異を頑張って欲しかった感があります。

化物語とは?

西尾維新によるファンタジー小説です。シリーズ作品であり現在(2018/1/23)まで23巻出版されており、化物語はその1つです。

一世風靡したアニメとしても有名で、これまでたくさんの方々が視聴しています。しかも、円盤はバカ売れで第一巻は約8万枚を突破。

8万枚ですよ?時代が違うとはいえ、この発売円盤数は常軌を逸しているかと…今の円盤事情では考えられない枚数でしょう。

その反面、視聴者に強烈なインパクトを与えたとも言えるので、僕以外の方も評価に値するアニメなのは間違いないと思います。

制作・キャスト

制作スタッフ
原作西尾維新
キャラクター原案VOFAN
監督新房昭之
シリーズ構成東冨耶子、新房昭之
キャラデザ・総作画監督渡辺明夫
アニメーション制作シャフト
キャスト(左:キャラクター 右:キャスト)
阿良々木暦神谷浩史
戦場ヶ原ひたぎ斎藤千和
羽川翼堀江由衣
忍野メメ櫻井孝宏
忍野忍坂本真綾
八九寺真宵加藤英美里
神原駿河沢城みゆき
千石撫子花澤香菜

アニメ『化物語』感想

化物語はストーリーもさることながら、別の楽しみ方もある特殊なアニメです。独特な美術に加えた多彩な演出には度肝を抜かされるでしょう。

今までにないアニメって感じですので、気に入るかたはドップリと気に入るし、逆に受け付けない方はとことん拒否反応を見せると思います。

つまり、好き嫌いがはっきりするアニメと言えます。しかし、怪異物語にギャグやパロディーはセンスがあるので楽しめるので見て欲しいですね。

では、細かい感想を書き連ねていきます。

独特な表現

化物語は何と言っても表現の仕方が独特なんです。言葉では難しいですが、建物だったり食べ物だったり配色だったり、いわゆる背景がユニークです。

化物語という作風だからこそ合致する表現方法は、ストーリーの旨みをより引き出してくれてます。

絶妙なカメラワーク

化物語は、シャフトの技術やセンスが「スゲー!!!」と思えるアニメです。今のアニメでも化物語に似たカメラワークが度々散見されます。

有名なところでは「シャフ度」と呼ばれる演出があります。

アゴを上げ(場合によっては背中側に体全体が反る)、挑発的に見下ろす様子、またそのときの顔の角度を指す。

引用:シャフト角度とは (シャフトカクドとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

この演出は化物語に出てくる「戦場ヶ原ひたぎ」が見せたことで、脚光浴びたそうですね。これらの演出+カメラワークは素晴らしいです。

巧みな言葉遊び

戦場ヶ原ひたぎには引き込まれますね。会話中の接続詞とか言い回しとか言葉選びの数々には、気が付くと集中して画面を見つめてしまいます。

とても引力が強い会話シーンは見逃せませんね。もちろん、戦場ヶ原ひたぎだけではなく羽川や八九寺…お気に入りは神原です(笑)

難しいと言われるが気楽にみて欲しい

内容が難しいと良く言われますが、そこまで気にしないでゆるりと見て欲しいですね。キャラクター同士の会話を楽しみ感じがいいと思います。

難しいと言われる所以は、時系列によってこんがらってしまうのと膨大な言葉の量によってショートしまうのでしょう。

時系列に関しては、シリーズを追うごとに解決していくので気になる方は続編を視聴したり原作を読めば一発です。

まとめ

アニメ『化物語』の感想・評価でした。何度も言いますが、あなたが見たアニメの中にはない表現が多数散りばめられています。

そして、面白さもあるということで非常にオススメできるアニメの1つになります。

化物語を見るには、動画配信サービスがベストでしょう。レンタルビデオショップへ行かなくても良く、今登録すればすぐに見られます。

おすすめなのが「dアニメ」です。登録していなくとも、配信されているかチェックできますのでご覧になってみてください。

dアニメ詳細はこちら

関連記事

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニメ評価・感想

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.