アニソン

【最高】アニソンはハイレゾで聴く時代へ。綺麗な音に酔いしれる

投稿日:

ハイレゾという言葉はご存知でしょうか。今や、ハイレゾハイレゾと大型家電量販店に足を運べば、だいだい的に出ているアレです。

今回はハイレゾの説明を簡単にし、ハイレゾを使ってみた感想、最後にハイレゾの注意点を紹介していきます。

アニソンをハイレゾで聴くと、マジで爽快なんで是非ハイレゾは覚えておきましょう!

ハイレゾとは?

簡単に言えば、CDの上位互換になります。

CDは容量の関係上、原音の情報量が全て収まりません。

ハイレゾはCDよりも3容量が大きく、CDでは収まり切れなかった情報量を読み込むことでより高音質を楽しむことができるのです。

そのため、CDやmp3よりもクリアな音となり、より一層サウンドの臨場感が表現されるようになりました。

ざっくり言えば、めちゃくちゃ高音質になりましたよ!というものです。

ハイレゾが人気の秘密

ハイレゾの情報量はCDよりも、3倍~6.5倍違うと言われています。

CD(44.1kHz/16bit)に対し、ハイレゾ領域と呼ばれる96kHz/24bitが約3倍の差、192kHz/24bitが約6.5倍差と言われています。

kHzが上がるごとに、1秒間で流れる情報量が違ってくるためkHzが高くなるほど高音質に近づくという事になります。

よって、高音質であるため人気がジワジワと上がってきているようです。

まぁ、オーディオ機器が進化し、比較的に安価で手に入る時代になってきたからこそ、より高音質を求める人が増えてきたという背景もあると見受けられます。

どれくらいハイレゾが広がっているのか?

ハイレゾは主に、インターネットサービスからのダウンロードとなります。

それらのサービスから2017年上半期の数字は下記の通りです。

  • ダウンロード数は前年比62%増
  • ダウンロード金額は同31%増

かなりの伸びを記録しているそうです。2014年にハイレゾというのが定義されてから、着実に数字を挙げているのが分かると思います。

参考2017年上半期 ハイレゾ音源ダウンロード市場概況 - GfK Japan | GfK Japan

音が透き通り、細かい音まで拾ってくれる

使用しているハイレゾ対応ヘッドフォンからの個人的な感想を伝えたいと思います。

ちなみに、

こちらが愛用品になります。

一言で言えば、細かい音がより聴こえるようになり、1つ1つの音が綺麗で透き通った印象を受けます。

特に、高音の伸びが美しく聴こえるため、CDやmp3音源よりも華麗なサウンドが耳に響き渡ります。

低音に関しては、うっとおしくなく重厚感をしっかりと滲ませている印象ですね。

だから、音にこだわりを持っている方は、一度体験して欲しいのが本音であります。

ただ、一個人の感受性になるため、鵜呑みにはしないでくださいね。

アニソンが多く配信されているサイトは?

ハイレゾを配信されているサイト・サービスで、有名な所は今のところ4つあります。

  • more
  • e-onkyo music
  • OTOTOY
  • レコチョク

どれも特色があるハイレゾ対応サービスですので、巡回してみるのも面白いかと。

おすすめは「e-onkyo music」

中でもオススメは「e-onkyo music」です。

日本最大級のハイレゾ配信サイトと謳っているだけあって、アニソンはもちろんこと他ジャンルの配信数も多い印象がありますね。

試聴もできるため、ハイレゾに興味を持っている方は自分の耳で聞いてみてください!

ハイレゾの注意点

最後に、ハイレゾの注意点を説明させていただきます。

まだ、ハイレゾというのは新しい文化になります。そのため、オーディオ機器やミュージックプレイヤーが対応していないのが現状です。

例えば、iPhoneはハイレゾに対応していません。よって、ハイレゾ音源を購入したところでハイレゾの高音質は楽しめないのです。

日本では一番所有率の高いiPhoneだけに、ハイレゾが標準搭載されていないのは非常に残念なことです。

ただ、抜け道はあります。別途機器やハイレゾ対応アプリを購入すれば、問題なくハイレゾを楽しめるとのこと。

iPhoneでハイレゾ音源を聴いてみた。 | キットカットちゃんねる」こちらのサイト様が非常に参考になりますね。

その他注意する点は下記の通りです。

  • mp3音源よりも高い
  • 曲数が少ない
  • iTunesに変換・移行するのがメンドイ
  • ハイレゾ対応イヤホンが必要。しかも普通よりちょっと高い
  • CDと違いが分からない

など、高音質であることが証明されているとしても、様々な弊害や注意点があるため購入する際は自分自身でも調べておきましょう。

まとめ

ハイレゾについて説明させていただきました。

とりあえず言えることは、一度体験してみるべし!です。自分はハイレゾに慣れてしまったので、正直CDには戻れなくなりつつあります。

人間の慣れって怖いものです…。

だけど、ハイレゾの良さに気づいた人は音楽がより一層楽しくなり、同時にアニソンがもっと好きになりますよ!

 

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
パラメ

パラメ

ただのアニメ好きの萌え豚です。当ブログではアニメに関する情報を提供しています。アニメ好きは”たぶん”楽しめるはずです(笑)最新情報については、Twitterで流しています。気軽にフォローしてください。

-アニソン

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.