アニメ情報

仮想通貨でアニメ業界は変化するのか?どうなるか考えてみた

投稿日:

2017年はビッドコインを始めとした仮想通貨が盛り上がりを見せていました。

連日のニュース報道により、これを読んでいるあなたも仮想通貨の勢いを肌で感じていると思います。

さて、そんな仮想通貨ですが、アニメ界にも仮想通貨の波が押し寄せているのはご存知でしょうか。

最近では、アニメ監督である山本寛氏が主宰する「Twilight Studio(トワイライトステージ」が、アニメ制作に特化した「トワイライトコイン」と呼ぶIOCの活用を検討していると発表。

また、Tokyo Otaku Modeは2018年夏に向け、グッズの購入やイベント時に使える「オタクコイン」を検討している報道もありました。

確かに、仮想通貨は便利でありますが、一体どれだけの効果が予想されるのか?

今回は、独自の目線で仮想通貨による変化を独自の目線で考察・予想をしてみたいと思います。

仮想通貨がアニメ業界に与える影響

そもそも、アニメ業界に仮想通貨ってどういった形で利用するのか?

ぶっちゃけ、分からないって方もいると思います。一番イメージが付きやすいのは、オタクコインの公式サイトに掲載されている下記の画像です。

オタクコイン

© 2017 オタクコイン準備委員会
画像引用:「オタクコイン」ICO検討サイトより

利用者側は、オタクコインを左記にある方法でコインを入手し、右記に出資あるいはグッズ等を購入できる仕組みになっております。

まだ正式な発表はされていませんが、オタクコインもトワイライトコインもICOですから、仮想通貨でコイン等を購入できる仕組みになってくると思います。

ICOを簡単にまとめると、企業側が仮想通貨を発行し利用者が購入することで資金調達をできる仕組みになります。

製作委員会を儲けずダイレクトでクリエイターに出資ができる

グッズ等の購入に関しては、予想が容易いところだと思います。

今回の仮想通貨によって、一番の強みはアニメ制作をするクリエイターにダイレクトで出資できるところにあります。

例えば…

このクリエイターさん好きなんだよね。コインを送金するわ!

ということができるわけです。製作委員会ですと、クリエイターに回る利益は企業に対し分配を行った上でお金が回っていく仕組みになります。

製作委員会は悪ではないですが、そのようなスパンがあるためどうしてもクリエイターに回るお金が少なくなります。

そして、

製作委員会はあらゆる企業が出資をし結成されるわけですから、資金が豊富に集まってしまい「アニメを作れ作れ!」と作り手側を追い詰めます。

だから、あなたも知っているように、アニメ業界が衰退していくというネガティブな報道が流れるわけです。

その悪循環を打開すべく、視聴側が直接クリエイターに出資することで製作委員会を経由せず、直接クリエイターの元に届きますから仮想通貨は革新的なアニメ制作がなされるのではないかと言われています。

クオリティーの高いアニメが出来上がるのか疑問

確かに、ダイレクトの出資は賛成ですしクリエイターを応援したい気持ちがあります。

恐らく、僕はトワイライトコインかオタクコインを購入するでしょう。

しかし、

大きな不安は「出資して面白いアニメが作られるかどうか」

これに尽きると思いますね。もし仮に、俗に言う「クソアニメ」が連発して制作されてしまったら、恐らくアニメ業界の仮想通貨は破綻すると考えいます。

僕も人間ですから「良いものにお金をかけたい」と思っています。誰も面白くない・興味のないものには出資はしないでしょう。

仮想通貨を検討するのもいいですが、クオリティーを落とすアニメが作られてしまっては本末転倒です。

企業側にとっては、ここが大きなターニングポイント。

トワイライトコインはアニメ制作特化だから大きなプレッシャー

既にオタクコインは、アニメに関連するグッズ等を購入できる仕組みを構築しているようです。

一方のトワイライトコインは、アニメ制作に特化した仮想通貨になるため、作品のクオリティーはダイレクトに響いてくるでしょう。

信頼と実績のある山本寛氏ですが、ここをどう考え行動に移していくのか非常に興味がありますね。

もし、仮想通貨がコケてしまうと自身の実績に傷を負ってしまう可能性があるからです。

ただ、こういったチャレンジ精神は大好きなので、個人的には応援したいですけどね(笑)

仮想通貨が成功すれば…

もし仮にアニメ業界で仮想通貨がヒットすれば、答えはシンプルです。

競争が生まれ、優秀なクリエイターが世に排出され、能力のないクリエイターは淘汰される

より過酷な環境が生まれ、クリエイターさんは厳しい世界となるものの夢が広がる職種になると思います。

また、一躍有名クリエイターとなれば夢がありますから、優秀なクリエイターの海外流出は減少する可能性も見えてきます。

競争が生まれクリエイターが切磋琢磨する世界が構築され、それは利用者側にとっては喜ばしいことではないでしょうか。

ただ、何度も言いますがクリエイターにとっては大変でしょうが…

新たなアニメ業界を見てみたい

今まで製作委員会によってアニメが制作されていました。面白いアニメにたくさん出会えたので、この方式には大変感謝しています。

けど、ニュースで報じられているとおり、アニメの作り手側はそろそろ限界ではないかと見受けられます。

現に、「2017年度のTVアニメ動画ランキング【あにこれβ】」を参照するとアニメの本数が減少しています。

制作サイドの人間ではないので、正確には分かりませんが面白いデータではないでしょうか。

だから、

新たな方法でより絞って、制作も自信を持ったアニメを手掛けて欲しいという思いがあるため、仮想通貨により新たな制作方法を見てみたいですね。

まとめ

仮想通貨によるアニメ業界への影響を考えてみました。まだまだ、考えられることがあるかもしれませんが、僕はこれが限界です。

あなたは、アニメに特化した仮想通貨をどのように捉えていますでしょうか?

総合的に見ると良い風が吹き始めた兆しにあると僕は思っています。2018年のアニメ業界はどのような動きを見せるか注目です。

公式 「オタクコイン」ICO検討サイト

公式 最新情報 | TwilightStudio(トワイライトスタジオ)

よく読まれている記事

-アニメ情報

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.