見たいアニメがみつかる。ネタバレ薄めのアニメレビューサイト

AniLoop

2018年春アニメロゴ

ブログ運営

アニメブログの書き方って何?どうやって記事を書けば良いのか

投稿日:

「アニメブログでも始めようかな(または始めている)…けど、何をどうやって書けば分からないんだよな」

そんな方に向けて、無駄にアニメブログを運営しちゃっている僕の意見をお伝えしたいと思います。

結論から言えば、アニメブログは2つのパターンしかありません。

  • 感想記事
  • 情報発信記事

これしかないのです。アニメを見た感想やアニソンを聴いた時の感想、あるいは、新アニメ情報やアニソンアーティストの新曲情報など。

結局は、この2つのパターンに集束すると考えています。

では、それぞれの記事について説明をしましょう。

アニメ感想記事は「自分の想いを綴る」

アニメ感想記事を書くことに悩んでいる方は、考えすぎだと思います。

感想なのだから、自分が思っている感じている言葉を綴れば、それはれっきとしたアニメ感想ブログなのです。

ただ、文章力や語彙力は自身の能力に依存をするため、勉強が必要な方もいるでしょう。

しかし、

感想の文章なんて簡単なものです。例えば…

○○のアニメが面白い。なぜなら、魔法を扱うキャラクター達の壮絶バトルは、子供の時に見た戦隊もののような熱いバトルが繰り広げられているからだ。
その扱う魔法は多種多様である…

見たいな文章の連続ですw

結論を言ってから、理由を付けるだけで感想の文章が生まれるのです。

当ブログを見て貰ったら分かると思いますが、自分も文章力は高くありません。

最初は文章力なんて気にせず、全力で熱い気持ちを書いちゃいなよ!you!

アニメトレンドを発信する「情報発信記事」

結論から言えば、情報記事の方が難しいです。

なぜなら、正確な情報を発信しなければならないからです。

例えば、僕の誤った情報記事を紹介します。

こちらは情報量が足らなかった記事です。コメントに「調べが足らないよ!」という言葉が寄せられました。

自分なりに一生懸命調べたし、頑張って書いたつもりでしたので、正直コメントを見た時は腹が立ちましたね…お前書いてみろよ!みたいな。

ただ、

冷静に考えてみると非常にありがたいことなんですよね。

情報が足らないということは、誤った情報が生まれてしまう引き金になるのです。

だから、コメントしてくださった方には感謝しかないし、これから情報記事を発信するときは、上記の記事よりも徹底した調べが必要だと痛感しました。

また、

情報発信記事には自分の感情を書かない方がいいですね。あくまで客観的に、ユーザーが知りたいことは「情報」ですから書き手の意見なんて不要なのです。

自分が調べている時もそうじゃないですか?アニメニュースに「この情報が出たけど、僕はこの情報を流すタイミングが好きじゃない」

みたいな文章があったら、知らねーし!とツッコミを入れたくなりますね。

僕はまだまだなので言える立場ではないけれど、情報は情報という気持ちを忘れずにしています。

忘れてはならない。ユーザー目線

アニメ感想記事でも情報発信記事にしろ大切なのは「ユーザー目線」です。

ユーザーが何を求めて感想記事を調べているのか?情報の場合は何故調べる必要があるのか?

読み手の気持ちを汲んであげなければなりません。個人的に一番意識しているポイントです。

これも自分の置き換えてみると想像しやすいです。

例えば…

「マジでゆんかわええ!クンカクンカペロペロしたくなって、マジで興奮するから見てよ!」

なんて、文章が連続していたら読み進めたいと思いますか?確かに、感想記事に近いかもしれませんが何か違うんですよね。

あまりにも自分の感情が溢れている記事は、ちょっとオススメできません。しっかりとユーザーをイメージし、どういった理由付けをするかしっかり考えましょう!

そうすれば、自ずと人気の出るアニメブログになると僕は信じています。

まとめ

僕なりのアニメブログ書き方を伝えてみました。自分のブログでアニメカテゴリーある方も、参考してくれれば嬉しいです。

とにかく大事なのは「ユーザー目線」につきます。

多くのブログ運営者が言っていますが、本当にその通りです。感想にしろ情報発信にしろ、読んでくれるユーザーが喜んでくれればそれでOKなのです。

「今まで何も考えてなかったわ!」という方は、是非とも意識してみてください。

【アニメが見放題】おすすめ動画配信サービス3選!

アニメにハマってしまっているあなたに、過去・最新アニメが見放題の優良サービスを紹介。下記のサービスは、違法アップロードサイトではありません。安心・安全で利用できます。

第一位『dアニメ』

約2000作品以上を配信するアニメ専門の動画配信サービス!アニメの他に2.5次元やアニソンなど関連コンテンツも充実。

運営会社株式会社ドコモ・アニメストア
月額料金432円(税込)
配信数約2000作品

やはり、アニメを視聴するなら「dアニメ」が圧倒的に強い。過去から最新アニメまで視聴することができ、コンテンツ数も豊富。お得な月額料金も魅力的なのも大きなメリット。

第二位『UーNEXT』

月額料金2,149円と他動画配信サービスに比べて高い。しかし、雑誌読み放題・毎月1200ポイント支給・コンテンツが豊富など恩恵が大きい。また、1契約につき4人まで利用できる。

運営会社株式会社U-NEXT
月額料金2,149円
配信数約120,000本(PPC・アニメ以外含む)
画質フルHD

家族で利用することで、お得感を大きく得られるサービス。アニメだけではなく映画やドラマなどを楽しみたい方は、U-NEXTを強くオススメ。また、毎月1日に得られる1200ポイントで最新映画などを視聴できる。

第三位『ニコニコ動画』

人気に陰りを見せるも、アニメを視聴する上では良いサービスなのは間違いありません。リアルタイムでコメントが流れるため、未だ自分が知らない知識が得られたり、面白いや楽しい気持ちを共感できるのはニコニコ動画ならではのメリット。

運営会社ドワンゴ
月額料金540円
配信数変動
画質HD以上(プレミア会員時)

無料会員でも利用できるが、よくニコニコ動画を使うユーザーはプレミア会員にしておくべき。高画質になるし、生放送時、回線が混雑していても追い出される確率が低くなります。また、プレミア会員は広告非表示など特典が多数

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ運営

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.