2期・続編

アニメ2期・続編を制作する条件は『製作委員会』の売上がキー。そして円盤の売上が重要

投稿日:2018年3月17日 更新日:

アニメ2期制作する条件は『製作委員会』の売上がキー。そして円盤の売上が重要

この記事のポイント

  • アニメ2期が制作される条件って?
  • 何の商品が一番貢献度が高いの?
  • 円盤以外で2期制作できる方法ってあるの?

アニメ2期が制作される条件を調べ、まとめました。2期がどのような流れで作られているか気になる方は参考にしてみてください。

アニメ2期制作の条件は『製作委員会』が儲かること

昨今のアニメ制作において一番大きな要素は『お金』であり、様々な企業が出資してアニメ制作をしていく『製作委員会』制度が主流であります。

アニメはアニメーション制作会社が作るけども、マネーは『製作委員会』に集まった企業さんになるわけです。つまり、企業がお金を出さないとアニメが作れないということです。

そのため、製作委員会に集まった企業が儲からなければ、続編に出資する可能性が低くなるということに繋がりますから、1期が売れなければ絶望的な状況へと繋がります。

もちろん、新規で出資してくれる企業があれば良いですが…流石に1期でコケている作品に企業も出資しないでしょう。

あなたも売れない商品に投資しますか?相当物好きでなければ難しいと思います。要するに、2期制作の有無は円盤売上ボーダーではなく、製作委員会の売上が重要になってきます。

黒字になるためには『円盤売上』が大きい

儲かる一番の手札が『円盤』です。

アニメ作品の中でも、トップクラスで高値の代物ですから至極当然ですね。もちろん、円盤以外の売上も重要になりますが爆売れしないとロイヤリティ(簡単に言えば手数料)が低くお金にならないそうです。

好きなアニメの2期を希望するなら『円盤』の購入が一番の貢献になります。

円盤の売上基準はぶっちゃけ分からない

よくネットでは「5000枚行ったら2期の可能性がある」と言われています。以前まで僕もそのように発信していましたが、改めてアニメ2期について調べると5000枚とか関係ないかもしれませんね…。

結局は製作サイドの売上計画を超えるかどうかに依存するので、5000枚といえど過度な期待はよくありませんね。

この世には、「はたらく魔王さま!」のように全巻1万超えしたと言われるアニメでも、2期制作がなされていないアニメがありますからね…すいませーーーん!かつどぅーん2つ!の続きが見たいですよ。ほんと。

円盤以外に貢献する方法

円盤以外にも貢献する方法はあります。

  • グッズ
  • OP・ED主題歌など音楽関係
  • ソーシャルゲーム(主に課金)
  • 原作
  • 製作委員会に参加する企業の商品

該当アニメに関連する商品は少なからず貢献することができます。ただ、円盤と比べると単価が低いことが多いのでたくさん売れないと大きな力にはならないでしょう。

2期を所望するなら円盤売上をチェック

もし、あなたが2期を希望するアニメがあるのならば円盤の売上をチェックし、人気があるのか動向を見るのがいいでしょう。グッズとか原作の売上を調べるのは、結構骨が入りますからすぐ調べるのが難しいです。

その点、円盤の売上であれば「○○(アニメ作品) 円盤 売上」とググれば意外とヒットされます。ちなみに、よく参考とするサイトは「アニメDVD・BD売り上げまとめwiki」ですね。

円盤売上が3,000枚以下は赤字の可能性あり。2期制作の期待値は低い

深夜アニメであれば、円盤の売上が3,000枚以下だと売上面でかなり厳しいと思います。1話(30分)あたりの制作費は、1,000万円~1,300万円と言われています。

例えば、制作費1,000万円のBD1本あたり8,000円で1巻3,000枚を売り上げたとします。

  • 8,000円×3,000本=2,400万円
  • 2,400万円-1,000万円(制作費)=1,400万円が収入
  • 2,400万円の売上から製作委員会に参加する企業へ分配
  • アニメーション制作会社への分配
  • 音楽など関係各所への分配

個人的にはどう見積もっても、1,400万円の売り上げではプラス域に持っていくのは想像ができません。

もちろん、グッズなど円盤以外の商品が爆売れしたら可能性はありますが、3,000枚程度であれば「ちょっと微妙だな~」ってなります。

ジャンプ系などは3,000枚でも2期が作られることもあります。恐らく、深夜アニメより需要があるので将来性を加味していると予想しています。

違法アップロードサイトは衰退の要因。VODで貢献を

アニメの売上体系を調べると意外と面白くなってしまう反面、違法アップロードサイトが如何に邪魔をしているのか分かります。

売上の妨げになるため、2期を希望しても無料違法アップロードサイトで視聴されては製作サイドに1円もお金が流れませんからね。

よって、違法サイトはアニメ業界の衰退を加速させていると言わざる得ません。”無料”で使えるという利点はあるものの、あなたの好きな業界が縮小するのは気分が悪いでしょう。

「それならアニメを見るためにはどうすればいいのか?」

このような疑問に当たると思いますが、今はVOD(動画配信サービス)が熱いです。月額料金は発生してしまいますが、500円で利用できるコスパの良さ、そして何よりアニメを制作した権利者に貢献ができる。

違法サイトとは違い、正当なルートであなたの好きなアニメを少なからず応援できる手段です。アニメを見るなら違法サイトではなく動画配信サービスを利用しましょう!

動画配信サービスを詳しく

まとめ

  • 製作委員会が儲かれば2期の期待値が増す
  • 2期制作で重要なのは、やっぱり『円盤』
  • 違法アップロードサイトは2期の希望を断つ

アニメ2期制作の条件について紹介しました。もちろん他にも細かい条件があると思いますが、とりあえず覚えておいて欲しいのが「出資する企業がなければ作られない」ということです。

つまり、出資企業が儲からないといけません。金銭に余力がある企業であれば違うかもしれませんが、アニメもビジネスですから儲からないと続編なんて無理ゲーですよね(笑)意外とシンプルなものです。

参考 二期希望! 円盤購入以外に好きなアニメを応援する方法はないのか関係者に聞いてみた! | ダ・ヴィンチニュース

参考 図解入門業界研究 最新アニメ業界の動向とカラクリがよーくわかる本[第2版]

よく読まれている記事

”脱”違法アップロードサイト!アニメ見放題定額サービス

違法アップロードサイトは制作側に敬意を欠き、世間でも認知され批判の的にさらされています。それを分からず違法アップロードサイトを利用することは、モラルの低さが問われてしまいます。時代は「動画配信サービス」に移っています。下記、サービスは合法的です。アニメが好きであれば、しっかりとした視聴環境で楽しみましょう!

第一位『dアニメ』

約2000作品以上を配信するアニメ専門の動画配信サービス!アニメの他に2.5次元やアニソンなど関連コンテンツも充実。

運営会社株式会社ドコモ・アニメストア
月額料金432円(税込)
配信数約2000作品

やはり、アニメを視聴するなら「dアニメ」が圧倒的に強い。過去から最新アニメまで視聴することができ、コンテンツ数も豊富。お得な月額料金も魅力的なのも大きなメリット。

第二位『UーNEXT』

月額料金2,149円と他動画配信サービスに比べて高い。しかし、雑誌読み放題・毎月1200ポイント支給・コンテンツが豊富など恩恵が大きい。また、1契約につき4人まで利用できる。

運営会社株式会社U-NEXT
月額料金2,149円
配信数約120,000本(PPC・アニメ以外含む)
画質フルHD

家族で利用することで、お得感を大きく得られるサービス。アニメだけではなく映画やドラマなどを楽しみたい方は、U-NEXTを強くオススメ。また、毎月1日に得られる1200ポイントで最新映画などを視聴できる。

第三位『ニコニコ動画』

人気に陰りを見せるも、アニメを視聴する上では良いサービスなのは間違いありません。リアルタイムでコメントが流れるため、未だ自分が知らない知識が得られたり、面白いや楽しい気持ちを共感できるのはニコニコ動画ならではのメリット。

運営会社ドワンゴ
月額料金540円
配信数変動
画質HD以上(プレミア会員時)

無料会員でも利用できるが、よくニコニコ動画を使うユーザーはプレミア会員にしておくべき。高画質になるし、生放送時、回線が混雑していても追い出される確率が低くなります。また、プレミア会員は広告非表示など特典が多数

-2期・続編

Copyright© AniLoop , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.