2018年のおすすめアニソン20曲!素晴らしすぎて鳥肌不可避!

2018年も素晴らしいアニソンばかりでしたね〜。よりもいやヴァイオレットなど面白いアニメも多かったですが、アニソンも素晴らしいものが多かった印象が強いですね。

そこで、2018年に発売された素晴らしきアニソンを布教すべく、個人的にインパクトが強かったアニソンを紹介していきます。

通勤はアニソン、通学はアニソン、朝のアラームもアニソン、アニソンバーで働いている人、アニソン中毒野郎はぜひ読んでみてください!

視聴については、公式がYouTubeでアップロードしていたらリンクを貼っておきますので、 YouTubeで聴いてみてください。

本記事でのピックアップアニソンは一個人の価値観です。ご理解いただきますようよろしくお願いします!

ここから、ここから

アーティスト名:玉木マリ(水瀬いのり)、小淵沢報瀬(花澤香菜)、三宅日向(井口裕香)、白石結月(早見沙織)
アニメタイトル:宇宙よりも遠い場所

「ここから、ここから」は、聴くと勇気が湧いてきます。大きな壁にぶつかったとしても、自分を奮い立たせられるそんなアニソンです。本当に歌詞が素晴らしいので、落ち込んでいる方は聴いてみてください。なお、このアニソンは「神曲アニソン50選」でもピックアップしています。神曲アニソンを知りたい方は読んでみてください。

Shiny Days

アーティスト名:亜咲花
アニメタイトル:ゆるキャン△

ワクワク感がすごい!ピクニックや旅行へ出かける際に、速攻で流したいアニソン。とても明るい雰囲気の歌だから、朝などに聴くとフレッシュな気分にさせてくれる!Shiny Daysは「カラオケで盛り上がるアニソン」記事でもピックアップしています!カラオケでアニソンを歌う方はあわせて読んでおきましょう!

ne! ne! ne!

アーティスト名:STARTails☆
アニメタイトル:スロウスタート

2018年アニソンの中でも中毒性が高い電波ソング!とてもノリが良い曲ですので、電波ソングが好きな方は絶対ハマる!「ぷるるぱちぱち」とか、病みつきになること間違いないでしょう!

Violet Snow

アーティスト名:結城アイラ
アニメタイトル:ヴァイオレット・エヴァーガーデン

2018年アニメの中で、もっとも感動するアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」から「Violet Snow」。歌詞は英語になりますが、曲の雰囲気が感動をより誘ってくれます。個人的には「泣けるアニソン」記事で紹介するほど、衝撃的な曲だったのでアニソン好きは必聴!なお、和訳については「泣ける・感動するシーン」で紹介しています。

Flashback

アーティスト名:MIYAVI vs KenKen
アニメタイトル:刻刻

2018年のおしゃれアニソン。特徴的なメロディーで、聴き手を魅了してきます。歌詞を楽しむというよりもメロディーや音を楽しむアニソンだと思います。音やメロディーでノれる人は必聴ですね!

スポンサーリンク

Last Game

アーティスト名:Zwei
アニメタイトル:シュタインズゲートゼロ

アマデウスやライアなど、シュタゲゼロで使われた楽曲はどれも最高でした。でも「LAST GAME」推しです。シュタゲゼロの重たい雰囲気に合っているし、何よりED映像がクッソカッコいい!もちろん、歌も素晴らしい。ヘビーな曲調とクールなサビが病みつきになります。

Winding Road

アーティスト名:MAN WITH A MISSION
アニメタイトル:ゴールデンカムイ

さすがは世界のマンウィズ。変な感受性を持つ自分からすれば、冬の星空をみながら聴きたくなるアニソン。綺麗な星空のような壮大さを強く感じられる1曲ですね。シンプルにいえば、クッソカッコいい曲ってこと(笑)

オトモダチフィルム

アーティスト名:オーイシマサヨシ
アニメタイトル:多田くんは恋をしない

2018年、動画工房によるオリジナルアニメ「多田くんは恋をしない」のOP曲。オーイシマサヨシさんは、歌も上手い、イケメン、そしてダンスもできちゃうアニソンシンガー。ええ、完璧です。オトモダチフィルムは、とても明るい曲調で爽やかなアニソンです。寝起き一発目に聴きたいですね!もっとオーイシサンの楽曲を知りたい方は「神曲アニソン50選」を読んでみてください。違うアニソンを紹介しています。

フィクション

アーティスト名:sumika
アニメタイトル:ヲタクに恋は難しい

最初聴いたときは、星野源さんか!?と困惑した1曲であり、口ずさみたくなるようなテンポと爽やかな歌詞が病みつきになりますね。カラオケで歌うと、場が和むようなアニソンです。

Break In To Break Out

アーティスト名:Lyn
アニメタイトル:ペルソナ5

刻刻の「Flashback」のような、おしゃれアニソン。クールな男性に似合う一曲ですので、自称クールな方に強くおすすめします!

ラスト10曲になりました!2018年アニソンは素、まだまだ晴らしい曲ばかりなので読み進めてください!

ミッション!健・康・第・イチ

アーティスト名:赤血球(花澤香菜)、白血球(前野智昭)、キラーT細胞(小野大輔)、マクロファージ(井上喜久子)
アニメタイトル:はたらく細胞

2018年アニメでかなり話題となった「はたらく細胞」。当アニソンはアニソンピアノシンガー・まらしぃさんもカバーしちゃった1曲。分かりやすい歌詞と軽快なテンポが特徴的で、ついつい体でリズムを刻んでしまいます。

この世界は、終わらせない

アーティスト名:末廣健一郎
アニメタイトル:はたらく細胞

2018年アニメの中で、ベスト挿入曲だと思います。危機感・緊張感・緊迫感・焦燥感、バトルシーンで抱く感情が全て含まれたソングです。FFやドラクエなどバトルソングが好きな方は、聴いてみてください!

Grand Blue

アーティスト名:湘南乃風
アニメタイトル:ぐらんぶる

完全に夏の定番曲!海へ出かける人は、必ず収録し道中でアゲアゲになってください。さすが湘南乃風と言えるアップテンポで、テンションが上がります!カラオケでも盛り上がるアニソンだと思いますので、カラオケの盛り上げ隊長は覚えておきたいです!

ふたりの羽根

アーティスト名:YURiKA
アニメタイトル:はねバド!

OP映像も最高だし、歌も爽快感があるし部活という青春を感じられる良ソング。特にバトミントンをしている方は、より心に染みるアニソンだと思います。

VORACITY

アーティスト名:MYTH&ROID
アニメタイトル:オーバーロードⅢ

タイトルからしてカッコいいよね。シンプルに「VORACITY」と付けたセンスは素晴らしい。オーバーロードの雰囲気に合ったソングで、1期からのダークな雰囲気も忘れていません。オーバーロード好きが好む1曲ですね。

スポンサーリンク

youthful beautiful

アーティスト名:内田真礼
アニメタイトル:SSSS.GRIDMAN

グリッドマンといえば、オーイシさんのOP曲「UNION」が話題です。「カラオケで盛り上がるアニソン」で紹介するほどです。しかし、EDも最高です。ちょっぴり切ない歌詞にグッとくるし、軽快なメロディーは癖になります。そして、声優の内田真礼さんの歌がうますぎてビビるでしょう!

君のせい

アーティスト名:the peggies
アニメタイトル:青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

最初の開始が「君のせい」と連呼する始まりに、「おぉ!」と驚くでしょう。非常に耳に残るフレーズですので、アニソン好きは一度聴いてほしい!

Rightfully

アーティスト名:Mili
アニメタイトル:ゴブリンスレイヤー

2018年秋アニメの中で、一気に人気に火がついたゴブスレ。OP曲については「ゴブスレOP曲「Rightfully」がカッコいい!歌うMiliって何者?」こちらで詳しく説明しています!

Another colony

アーティスト名:TRUE
アニメタイトル:転生したらスライムだった件

さすがTRUEですね!相変わらず歌が上手い!そしてED曲らしく、名残惜しさがあって「あぁ〜今週も終わっちゃた感」が満載です。EDとしての役割も完璧です。

katharsis

アーティスト名:TK from 凛として時雨 
アニメタイトル:東京喰種トーキョーグール:re

「TK from 凛として時雨」で始まり、「TK from 凛として時雨」で終わる。これぞグールですね!unravelのように儚さを滲ませた世界観は病みつきになりますね。素晴らしい曲の世界観を作り上げていますね

まとめ

2018年の個人的ベストアニソン20曲でした!知らないアニソンはありましたでしょうか?

もし、初めて知った方は、ぜひ試聴などしてみて下さい。本当に素晴らしいアニソンです。

まだお時間がある方は、下記のアニソン記事も読んでみてください。アニソン好きには堪らない記事ですよ!

よく読まれている記事

-アニソン

Copyright© AniLoop , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.